【画像ギャラリー】ハイオク、レギュラーガソリンの違い、色はどう違う?

世界各国のオクタン価の違い、各社のハイオクガソリンの銘柄ほか

元記事に戻る【ベストな給油法はこれだ】ガソリンは満タン? こまめに入れる??

左から軽油、ハイオク、レギュラーがガソリン。ハイオクとレギュラーガソリンの違いはない
海外のガソリンスタンドでオクタン価が表示されているが、厳格な国であるはずの日本は表示されていないのは不思議。日本の規格ではレギュラーがオクタン価=89以上、ハイオク=96以上と決められているが、実際に流通しているガソリンは、レギュラーがオクタン価=91程度、ハイオクが98以上と言われている

■各社のハイオクガソリンを詳細解説

石油元売り各社が公表しているハイオク、レギュラーガソリンのオクタン価の違い

 レギュラーガソリンは日本国内では元売り各社が各社共通の規格品として販売している。輸送コストの削減や在庫管理のために、各社のタンクローリーでの輸送を融通し合えるように、成分に違いがないよう精製して作られている。

 各社が性能面で独自に主張するのは清浄性の高さだ。エンジンに優しいことで燃費やフィーリングに好影響を与える「説明」を加えているので、いくつか例を挙げてみる(順不同)。なお、「清浄性能」はエンジン内の吸排気バルブ周りなどの汚れの従来製品からの低減率などを示す。

■Shell V-Power(昭和シェル石油)
 清浄性能/燃費:非公表。ハイオクガソリンとしてピューラがあるうえに用意されたプレミアムハイオク製品。エンジンの洗浄/保護性能を謳うセリフとして「かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです」とは、インパクト強し!

 昭和シェル石油が他社のようにオクタン価の具体的な数値を公表しないのは「(他社との)情報開示の考え方の違いでしょう」(同社広報)という回答が帰ってきた。ちなみに出光興産と昭和シェル石油は経営統合されるので、数値が昭和シェル製品でも明らかになるかもしれない……。

■エネオス・ヴィーゴ(JXTGエナジー)
 清浄性能:吸気バルブの汚れを86%減(2004年調べとデータが旧い)、燃費:最大3%向上(摩擦調整剤未添加のハイオクとの比較)、加速性能:最大5%向上、出力:最大15%向上。具体的な数値を列記していることが特徴。

『環境ハイオク「ENEOSヴィーゴ」は、「国内最先端の清浄性能」、「日本でいち早くサルファー・フリー(註:ガソリンや軽油に含まれている硫黄分を取り除き、10ppm以下にまで低減)の保証」を実現した環境対応ハイオクガソリンです』と技術的な自信が覗く。

「社内試験では排出ガス中の規制排出ガス成分(一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物)が最大10~30%低減しました」と排ガスのクリーンさを主張する。

■出光スーパーゼアス(出光興産)
 
清浄性能:吸気バルブの汚れをレギュラーガソリンに比べ64%減、燃費:レギュラーガソリン対比:最大2.7%向上。

■スーパーマグナム(コスモ石油)
 清浄性能:レギュラーガソリンに比べて最大約5倍、エンジン内の不純物付着率を80%もダウン。燃費:レギュラーガソリンに比べて最大2.8%も向上。

元記事に戻る【ベストな給油法はこれだ】ガソリンは満タン? こまめに入れる??

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ