【画像ギャラリー】精悍なマスクで頼り甲斐アップ!? MINIクロスオーバー

記事に戻る|最もオールマイティなミニ!MINIクロスオーバーがフェイスリフトでイケメン度がアップ

フェイスリフトを実施したMINIクロスオーバー。写真は本国仕様のクーパーS E ALL4
日本ではクロスオーバーと呼ぶが、海外ではカントリーマンが正式名称だ
フロントマスクでは、バンパー、グリル、ヘッドライトのデザインが刷新されたのが特徴(写真は、本国仕様のクーパーS ALL4)
リヤスタイルでは、バンパーとLEDテールランプのデザインが変更された(写真は、本国仕様のクーパーS ALL4)
インテリアでは大きな変更はないが、デジタル液晶メーターパネルの採用に加え、インフォテイメントシステムの操作ボタンもリデザインされる(日本仕様は、全車右ハンドル)
新採用のマルチディスプレイメーターパネルをオプションとして用意
開放感を高める電動パノラマガラスサンルーフもオプション設定
シートは標準タイプとスポーツタイプを設定。オプションでレザー仕様を選ぶこともできる
後席は、40:20:20の3分割式でフレキシブルな活用が可能
ラゲッジルームは、標準で450L~最大1390Lを確保。尚、PHEV車は、405L~最大1275Lとなる
新デザインのLEDヘッドライトには、コーナーリングライトも装備する
PHEVのクーパーS E ALL4は、100Vと200Vの普通充電に対応。電気だけで53kmの航続距離を確保する(WLTCモード)
すっきりした横基調グリルとなるのが、クーパーDの特徴だ

記事に戻る|最もオールマイティなミニ!MINIクロスオーバーがフェイスリフトでイケメン度がアップ

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ