6代目は原点回帰で魅力アピール!! 余裕・自由の新型ステップワゴン

6代目は原点回帰で魅力アピール!! 余裕・自由の新型ステップワゴン

 ライバルのノア/ヴォクが先行する中、2022年5月に満を持して登場したホンダ ステップワゴン。超すっきりフェイスのスタイリッシュミニバンだ。

 AIRとSPADA、ふたつの個性でアピールするステップワゴンを徹底解剖する!

●NEWステップワゴン ここがポイント!
・AIRとSPADA、明確に分けた2つの個性。どっちもスッキリしたフロントマスクでステップワゴンらしさをアピールする。
・わくわくゲートを廃止。そのぶん3列目シートの座り心地が格段によくなった!!
・パワートレーンは1.5Lターボと2L e:HEVの2本立て。
・全幅1750mmで全車3ナンバーサイズ。


※本稿は2022年5月のものです
文/鈴木直也、ベストカー編集部、写真/HONDA、ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】室内明るく広々!! AIRとSPADA、ふたつの個性で登場のホンダ新型ステップワゴン(23枚)画像ギャラリー

■原点回帰のNEWステップワゴン スッキリデザインで勝負をかける

グレード構成はシンプル。AIRとSPADAの2本立てでそれぞれに1.5Lターボとe:HEVがあり、価格差は38万3900円。e:HEVはFFのみで、1.5LターボにはFFと4WDがあり、価格差は24万2000円(AIRの場合)
グレード構成はシンプル。AIRとSPADAの2本立てでそれぞれに1.5Lターボとe:HEVがあり、価格差は38万3900円。e:HEVはFFのみで、1.5LターボにはFFと4WDがあり、価格差は24万2000円(AIRの場合)

 5月26日に発表された6代目となる新型ステップワゴン。パッと見にもわかるほどの、“スッキリフェイス”のスタイリッシュミニバンだ。

「AIR」と「SPADA」の2つの個性でアピール。

 両モデルは前後バンパーの形状やサイドスカートの形状が大きく異なっており、よりシンプルに、初代ステップワゴンのようなプレーンなエクステリアを目指した「AIR」に対し、「SPADA」はフロントグリル〜バンパーをより立体的な造形とすることで、力強さを感じさせる。

 ちなみにAIRの全長は4800mm。SPADAはフロントオーバーハングで+20mm、リアオーバーハングで+10mmとなり全長4830mm。全幅は両モデル1750mmで共通。ステップワゴンとしては初めて全モデル全幅1700mm超となった。

 パワートレーンは2Lエンジン+モーターのe:HEVと1.5Lターボの2タイプだ。

■室内空間の広さ、快適性を追求

SPADAもいわゆる「オラオラ顔」ではなく、グリルを強調することのないスッキリとしたフロントマスクで個性を主張する
SPADAもいわゆる「オラオラ顔」ではなく、グリルを強調することのないスッキリとしたフロントマスクで個性を主張する

 ステップワゴンの歴史を振り返ると、デビュー5年で累計50万台を達成した初代の大ブレークが鮮烈だった。

 初代から2代目あたりまで、ステップワゴンといえばシンプルで機能的な“箱”というイメージ。ある種の「道具感」ともいうべきテイストが受けてバカ売れした。

 しかし、ステップワゴンの独走状態を前にライバルも黙っちゃいない。2001年にノア&ヴォクシーがデビューすると、セレナを加えたミニバン三つ巴の戦いが勃発。以後“5ナンバーミニバン”市場は国産有数の激戦区となって現在に至っている。

 そんななか3代目以降のステップワゴンはライバルに対して苦戦を強いられてきた。

 シンプルが持ち味だった初代、2代目に対し、3代目以降はノア/ヴォクの影響を受けてベタなファミリー路線に舵を切る。

 もちろん、市場がそれを要求していたのは間違いないし、ノア/ヴォクがそれで大ヒットしていたのだから当然の路線変更だが、残念ながらそれ以降のステップワゴンはライバルに勝てていない。

次ページは : ■ホンダの決意を感じる新型ステップワゴン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ