新型クラウンは見慣れたらカッコよく感じる…のか? 路線変更と支持率逆転の経緯


 新型クラウンが2022年7月15日に世界初公開されてから、SNSを中心にして「このクラウン、どう思う?」という議論が活発化している。伝統的に「後輪駆動(FR)のセダン」というカテゴリーにあったクラウンが、リフトアップされたフォルムとFFベースの4WD仕様として登場。第一弾の「クロスオーバー」を皮切りに今後1年半で「スポーツ」、「セダン」、「エステート(ワゴン)」仕様を発売してゆくとのこと。このクラウンの大胆な路線変更は、市場に受け入れられるのか? 本誌編集部がSNSでとったアンケートは意外な結果を示しておりました。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb、奥隅圭之、TOYOTA、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】「これがクラウンでいいのか」をじっくり判断!! お蔵出し含め新型クラウン画像全放出(34枚)画像ギャラリー

■実車公開後にSNS上の評価が逆転

 新型クラウンのキャッチコピー「DISCOVER YOUR CROWN.」(邦訳/あなたにとってのクラウンを見つけよう)は、口に出して発音すると伝説の名コピー「いつかはクラウン」と韻を踏んでいることがわかる、よいフレーズだと思う。かつてのクラウンに敬意を払いつつ新しい道へ踏み出す決意にも思える。

2022年7月15日に世界初公開された新型クラウン「クロスオーバー」。リフトアップセダンとして生まれ変わった。21インチタイヤを標準装備する精悍なスタイリング。乗ると「これ、クラウンだね(by豊田章男社長)」とのこと

 そんな新型クラウンの路線変更について、発表直前から現在にかけてSNSを中心に大いに議論になっている。

 当編集部では新型クラウン発表前、まだ特許庁に意匠登録したCGしかデザイン情報がなく、コンセプトも「概要」しか分かっていない時点で、Twitterのアンケート機能を使って「新型クラウンの路線変更を支持しますか?」というアンケートを実施した(2022年7月6日午後6時17分から3時間、ベストカー公式Twitterアカウントで集計、全1173票)。

 結果は以下のとおり。

Twitterアンケート結果(2022.7.6/意匠登録画像のみ公開時点)

新型クラウンの路線変更を支持する……24.1%
どちらかといえば支持する……17.8%
どちらかといえば支持しない……24.3%
新型クラウンの路線変更を支持しない……33.8%

 集計の結果、最大得票は「路線変更を支持しない」であった。クラウンというブランドや基本路線を支持する人はまだまだ多く、軽々な変更に反発する人は多いのだなと感じた。

 そして7月15日(金)に新型が登場し、クラウン「クロスオーバー」を含む4つのボディタイプが披露された当日に同じ内容のアンケートを実施(2022年7月6日午後5時11分から3時間、ベストカー公式Twitterアカウントで集計、全1764票)。

 こちらの結果は以下のとおり。

Twitterアンケート結果(2022.7.15/新型クラウン発表時点)

新型クラウンの路線変更を支持する……40.9%
どちらかといえば支持する……20.7%
どちらかといえば支持しない……18.7%
新型クラウンの路線変更を支持しない……19.8%

 なんと結果は逆転。最も票を集めたのは「路線変更を支持する」で、4割以上の支持を集めた。

 このタイミングは、実車を自分の目で(それも街中と太陽の日の下で)見た人はまだ一部トヨタ関係者と報道関係者のみであり、公式サイトの動画中継やメディアの配信画像で確認しただけの段階であったが、それでも「支持」が逆転。この数字が、全国のトヨタ販売店に展示車や試乗車が配車されて、実際に街中に置かれ、公道を走った時点でどう評価されるかも大変気になるポイントといえる。

 いずれにせよ、新型クラウンの路線変更は(実車が公開された時点では)「支持」が多数派となった。

次ページは : ■何カ月も何年も何十年も見続けて

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ