新型クロストレックの価格が正式発表! 新目的地設定システム、「what3words」が斬新!!

新型クロストレックの価格が正式発表! 新目的地設定システム、「what3words」が斬新!!

 スバルは2022年12月1日、新型クロスオーバーSUV、クロストレックの価格を正式発表した。すでに11月11日から全国のディーラーで受注受付を開始しており、販売店情報での価格は判明していたが、今回の価格はメーカーからの正式発表となり、その月販目標台数は2600台。詳細をお伝えしていこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/平野 学

【画像ギャラリー】ついに新型クロストレックの価格を正式発表!! 改めて写真でCHECK!(73枚)画像ギャラリー

■ツーリングは266万2000円~、リミテッドは306万9000円~

上級グレードのLimited(左)は306万9000円~、Tourring(右)は266万2000円~(いずれも税込み価格)
上級グレードのLimited(左)は306万9000円~、Tourring(右)は266万2000円~(いずれも税込み価格)

 新型クロストレックのグレードは標準の「ツーリング」と上級の「リミテッド」の2グレード構成。各グレード、FFと4WDを設定しており、ツーリングのFFが税込266万2000円、同4WDが税込288万2000円となる。また、ツーリングは17インチタイヤ装着が標準となっている。

 一方、リミテッドはFFが税込306万9000円、4WDが328万9000円。リミテッドのタイヤは18インチとなる。先代モデルとなるXVのe-BOXER車「Advance」(すべて4WD車)が税込み295万9000円となっていたため、装備のグレードアップなどを考えるとほぼ据え置き価格を実現している。

 今回、新たに日本でもクロストレックの車名で登場したニューモデルは歴代で4代目。ちなみに全国のスバルディーラーでは先行してクロストレックを展示されているほか(2022年12月25日まで)、全国各地で予定されているイベントの「アウトドアカーニバルwith CROSSTREK」でも展示される。

■パワートレーンは2Lマイルドハイブリッド1本で、FF車を追加設定

搭載されるパワートレーンは2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERのみで、先代XVにあった1.6Lガソリンは設定がなくなっている
搭載されるパワートレーンは2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERのみで、先代XVにあった1.6Lガソリンは設定がなくなっている

 新型クロストレックのボディサイズは全長4480×全幅1800×全高1580mm、ホイールベース2670mmとなる。ただし、ルーフレールやシャークフィンアンテナがない場合は全高がマイナス30mmとなる。

 先代XVが全長4465×全幅1800×全高1550~1595mm、ホイールベース2670mmだったので、ほぼ同サイズをキープしている。また、新型クロストレックは最小回転半径5.4m、最低地上高は200mmを確保した。

 新型クロストレックのパワートレーンは、「e-BOXER」の愛称を持つ2L水平対向DOHC+モーターのマイルドハイブリッド1本のみ。先代型まで搭載されていたガソリンの1.6Lと2Lについては設定されていない。

 ただし、駆動方式については先代XVがすべて4WDだったのに対し、今回のクロストレックはFFと4WDから選べるようになっている。

 WLTCモード燃費はツーリングのFF(車重1540~1550kg)で16.4km/L、4WD(車重1590~1600kg)で15.8km/L。リミテッドはFF(車重1560~1580kg)で16.4km/L、4WD(車重1610~1620kg)で15.8kkm/Lをマーク。

次ページは : ■スバル日本初の位置情報システム、「what3words」を採用!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ