スバル レックス復活なぜ? ほか2022冬の国産&輸入車最新情報9選

スバル レックス復活なぜ? ほか2022冬の国産&輸入車最新情報9選

 国内外の新型車、モデルチェンジ車、一部改良モデル、追加グレード、限定車などをご紹介する本企画。今回は、スバル レックス、マツダ ロードスター一部改良、三菱 エクリプスクロス特別仕様車、ルノー キャプチャー限定モデルなどの情報をお届け!!

※本稿は2022年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

【画像ギャラリー】エルグランドはフルモデルチェンジ前最後の一部改良か? ピックアップされた5台を画像でチェック!!(17枚)画像ギャラリー

■国産車編

■スバル レックス(新型車・11月11日発表)

 スバルは11月11日、クロストレックよりも一回りコンパクトなSUVとして「REX(レックス)」を発表した。

スバル レックス(新型車・11月11日発表)。シリーズハイブリッド仕様のラインナップはない
スバル レックス(新型車・11月11日発表)。シリーズハイブリッド仕様のラインナップはない

 レックスの名前は、かつて富士重工業時代に1992年まで生産されていた軽自動車に同名のモデルがあり、今回その名が復活する形となったが、クルマ自体は軽ではなく普通車であり、かつダイハツロッキーのOEMとなっている。

 軽量・高剛性ボディには1.2L直3自然吸気エンジンが搭載され、トランスミッションは7速CVTが組み合わされる。WLTCモード燃費は20.7km/lだ。

 また、快適装備としてアップルカープレイとアンドロイドオートに対応した9インチディスプレイオーディオのほか、上級グレードには電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能を標準装備とした。

 価格は182万~217万1000円。

■マツダ ロードスター(一部改良・11月17日予約受付開始)

 マツダは11月17日、ロードスターを一部改良し予約受付を開始した。

マツダ ロードスター(一部改良・11月17日予約受付開始)。ブラウントップはドアトリムやインパネのデコパネルにもテラコッタのステッチが入る
マツダ ロードスター(一部改良・11月17日予約受付開始)。ブラウントップはドアトリムやインパネのデコパネルにもテラコッタのステッチが入る

 今回の改良では、ブラウンの幌とテラコッタのインテリアのコーディネートが魅力的な特別仕様車『ブラウントップ』をソフトトップに設定したほか、ベージュ系のカラーである『ジルコンサンドメタリック』を全車に追加した。

 価格はソフトトップが268万9500~342万2100円。RFは352万7700~398万8600円。

■日産 エルグランド(一部改良・11月1日発売)

 日産は11月1日、エルグランドを一部仕様向上し発売した。

日産 エルグランド(一部改良・11月1日発売)。今回の一部仕様向上により各グレードで8万~10万円程度価格が上昇している
日産 エルグランド(一部改良・11月1日発売)。今回の一部仕様向上により各グレードで8万~10万円程度価格が上昇している

 今回の仕様向上では、抗菌効果が実証された抗菌仕様シートを全車標準装備としたほか、日産のエンブレムが新デザインへと変更されている。

 あわせてNMC取り扱いの『AUTECH』『ライフケアビークル』『VIP』もベース車同様の内容での仕様向上が行われている。

 標準車の価格は379万9400~567万9300円。

次ページは : ■三菱 エクリプスクロス(特別仕様車・11月10日発表)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!