テスラは完全射程圏内!? 1秒に800兆回演算って……世界初公開ソニー&ホンダ協業車がマジだ!! 

テスラは完全射程圏内!? 1秒に800兆回演算って……世界初公開ソニー&ホンダ協業車がマジだ!! 

 アメリカ・ラスベガスで開催中の世界最大のテックショー「CES2023」。ソニーとホンダの協業で生まれるEVのほぼ最終的(?)なプロトタイプが登場した。なんだかどこかで見た感じするけど……!?

文:ベストカーWeb編集部/写真:ソニー・ホンダモビリティ

■航続距離だけ追い求めない設計か?

フロントはS660、リアはパナメーラのような雰囲気。このクラスで戦うのは非常に大きな決断だ
フロントはS660、リアはパナメーラのような雰囲気。このクラスで戦うのは非常に大きな決断だ

 CES2023で公開されたソニーとホンダが協業するEVのプロトタイプが発表された。見るからに現実的なその風貌は「AFEELA(アフィーラ)」と命名されたモデル。

 エクステリアはプロトタイプとはいえかなり現実的なデザインで、どこか見慣れた雰囲気がある印象。世間一般の「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」の融合を考えるともう少しはじけたデザイン要素が追加されるのかもしれない。

 「市販前最終仕様」との発表こそないもののプロトタイプとしてかなり市販車に近い存在とみられる。詳細なスペックを見るにその方向性がキッチリと見えてきた。どうも「エコで経済的なクルマ」というものではなさそうだ。

全体的に未来的なスッキリしたデザインだがどこか見慣れたようなイメージがあり斬新さはないか?
全体的に未来的なスッキリしたデザインだがどこか見慣れたようなイメージがあり斬新さはないか?

 なんたってタイヤサイズはフロントが245/40R21、リアが275/35R21というスポーツカーもビックリサイズ。BEVでいえばテスラモデルYなどがフロント255/35ZR21、リア275/30ZR21というサイズを履いている。

 このあたりを見るにアフィーラは経済的なエコカーではなく、テスラも射程に捉えたキッチリパフォーマンスを意識したモデルになっているとみられる。それでなければ前後異なるタイヤサイズなどまったく意味のないチョイスだ。

 それであればもっと攻めたデザインでも、と思うのだがこのあたりは市場の反応が聞こえてきたら紹介したい。

■ボディサイズはアコードと同等

ホンダeのような雰囲気もあるがきっとソニーらしい音響だったり、インターフェイスの使いやすさがあるのかもしれない
ホンダeのような雰囲気もあるがきっとソニーらしい音響だったり、インターフェイスの使いやすさがあるのかもしれない

 モーターなどの動力スペックは公表されず、判明しているのはAWDということそして各サイズだけ。全長4895mm×全幅1900mm×全高1460mm、そしてホイールベースは3000mmとなっている。

 このボディサイズはホンダアコードとほぼ同等といえば分かりやすいかもしれない。アフィーラはアコード比で全長 -5mm /全幅 +40mm/全高+10 mmというボディサイズだから、ほぼ同サイズ。

 ただEVになったこともありホイールベースはアコードの2830mmから170mm伸びており、かなり広い室内空間になりそうだ。

グリルの映像を大ヒットゲーム「フォートナイト」にするなんてシーンも公式サイトでは公開されている。「ソニーなら実現してくれる」。そんな風に思いたくなるソニーの歴史がある
グリルの映像を大ヒットゲーム「フォートナイト」にするなんてシーンも公式サイトでは公開されている。「ソニーなら実現してくれる」。そんな風に思いたくなるソニーの歴史がある

 ミドルクラスセダンとしては扱いやすくも、ゆとりのあるサイズだ。このあたりは北米での経験も多いホンダのセンスが大いに生かされるはずだ。

 車内外あわせて45個のカメラ、そしてECUの性能は800TOPS。これは1秒間に800兆回の演算をできるもの(ソニーすげー)。2024年の発売を目指し、2025年北米デリバリー開始ということなので今後の動向にも注視していきたい。

【画像ギャラリー】個性を極めてソニーらしさを……ホンダとの協業車がすげーぞ(6枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ