中国仕様クラウンヴェルファイアの「王冠」がカッコよすぎ! 日本の新型アルファード/ヴェルファイアよりイケてる!?

中国仕様クラウンヴェルファイアの「王冠」がカッコよすぎ! 日本の新型アルファード/ヴェルファイアよりイケてる!?

 2023年6月21日、日本では新型アルファード/ヴェルファイアが世界初公開された。実は同日、中国では「もう1台のアルファード/ヴェルファイア」である新型クラウンヴェルファイアが発売されたのだ!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、一汽トヨタ

■先代モデルは2代目ヴェルファイアのフロントマスク違い?

中国での販売がアナウンスされた新型2代目クラウンヴェルファイア。王冠がフロントマスクの中央にドンと鎮座しており、高級感をアピール!
中国での販売がアナウンスされた新型2代目クラウンヴェルファイア。王冠がフロントマスクの中央にドンと鎮座しており、高級感をアピール!

 そもそもクラウンヴェルファイアは、初代モデルが2021年4月の上海モーターショーで初公開された。全グレードが直4、2.5Lハイブリッドを搭載する4WDのみの7人乗りミニバンで、トヨタと中国の第一汽車の合弁会社となる一汽トヨタが販売。日本の先代型2代目ヴェルファイアとほぼ同じエクステリアを持っていた。

 ただし、クラウンの名を持つことでもわかるようにフロントバンパーの形状が少し異なっており、フロントグリル中央にはクラウンシリーズであることを強調するかのようにクラウンエンブレムの「王冠」が装着されていた。ヴェルファイアが初代と2代続けて独自のフロントエンブレムを装着していたのに対し、明確にクラウンシリーズであることを印象付けるかのように。

こちらが先代モデルの初代クラウンヴェルファイア。やはりフロントマスクの中央にはクラウンエンブレムの王冠が存在感を放っている
こちらが先代モデルの初代クラウンヴェルファイア。やはりフロントマスクの中央にはクラウンエンブレムの王冠が存在感を放っている

 もちろん、インテリアにもクラウンエンブレムが液晶メーターやディスプレイ内に設定されており、徹底されていた。また、価格は83万~92万中国元(日本円で約1400万~1540万円)に設定されており、かなりの高額モデルとして位置づけられていた。

■クラウンエンブレムが威容をアピール!

新型クラウンヴェルファイアのインテリア。基本的には日本の新型ヴェルファイアの左ハンドル仕様だが、クラウンシリーズとしての位置づけになる
新型クラウンヴェルファイアのインテリア。基本的には日本の新型ヴェルファイアの左ハンドル仕様だが、クラウンシリーズとしての位置づけになる

 そして今回、登場した2代目となる新型クラウンヴェルファイア。そのエクステリアを見ると、やはりフロントグリル中央には先代より大型化されたクラウンエンブレムの王冠がドーンと鎮座している。

 フロントマスクの造形は日本仕様の新型ヴェルファイアそのものなのだが、クラウンエンブレムをつけていることでより高級感をアピールしている。リアにはクラウンエンブレムはないものの、前席ドアサイドには装着されている。

 採用されるパワートレーンについては先代同様に直4、2.5Lのハイブリッドのみと思われる。

新型クラウンヴェルファイアの中国での新車価格は89万9000~92万9000中国元(約1800万~1860万円)となっており、かなりの高額車だ!
新型クラウンヴェルファイアの中国での新車価格は89万9000~92万9000中国元(約1800万~1860万円)となっており、かなりの高額車だ!

 驚きなのは中国国内での新車価格だ。なんと89万9000~92万9000中国元(日本円で約1800万~1860万円)となっており、先代モデルから300万~400万円ほどの値上げとなっている。

 日本の新型アルファード/ヴェルファイアの価格が540万~892万円であることを思えば、クラウンヴェルファイアはベースグレードで3倍以上、高額グレードでも日本の新型アルファード/ヴェルファイアより2倍以上の価格設定とは恐れ入る。

次ページは : ■新型レクサスLMも気になってくるが……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号