もう日本発売か? ものすげード迫力! テスラのサイバートラックがお台場に展示されてるぜ!

もう日本発売か? ものすげード迫力! テスラのサイバートラックがお台場に展示されてるぜ!

 昨年12月にアメリカで納車が始まったテスラのサイバートラックが、早くもお台場に現われた。ひょっとして日本発売開始? そのド迫力の実物を、編集部員が目撃してきた!

文と写真/ベストカーWeb編集部

■ステンレス流し台のシンクのような素材感!

あのサイバートラックがなんと日本にある!
あのサイバートラックがなんと日本にある!

 テスラ サイバートラックがどどーんと鎮座しているのは、東京都江東区豊洲にある「チームラボ・プラネッツ TOKYO DMM」のエントランス。

 2月17日の土曜日に訪れてみると、中国の春節や話題の商業施設「豊洲市場・千客万来(ゆりかもめの隣駅)」の開店とも相まって、車両の周囲はすごい人だかりだ。

 ようやく目にすることができた実物だが、直線だけで構成された異様なたたずまいが、周囲の空間をねじ曲げるようなオーラを放っている。

 横一文字のデイタイム・ランニング・ライトを持つフロントマスクは、アイアンマンのアーマーのようだ。

 全長5682.9mm、全幅2413.3mm(ドアミラー含む)、全高1790.8mmというスリーサイズは、トヨタ タンドラやフォードF-150といったアメリカのフルサイズピックアップ(ダブルキャブ)とほぼ同じ。

 そして異様さを強調するもうひとつの要素がボディパネル。銃弾も跳ね返すという「ウルトラハードステンレススチール」という強靭な鋼板でできているのだが、曲げることはおろか塗装すらできないため、ステンレス流し台のシンクのような素材感。

 非常にタフな外装ながらメンテナンスはデリケートなようで、取り扱い説明書には「油脂や鳥の糞、樹脂などが付着した場合は直ちに除去すること」、「洗浄には刺激が少なく合成でない石鹸を用いること」といった注意書きがあるそうだ。

■ギガプレスの証拠は確認できず

どこから見てもペッキペキ(笑)
どこから見てもペッキペキ(笑)

 意外だったのがホイール。アルミと思っていたのだが、スチールホイールに樹脂のキャップをかぶせてあった。タイヤも、サイドウォールはそのホイールキャップに合わせた意匠を施されており、銘柄はグッドイヤーのオールシーズン(M+S)だ。

 タイヤサイズは前後とも285/65R20。ロードインデックス(最大荷重)は「120/123(シングルタイヤで1400kg、ダブルタイヤなら1550kg)」。これほどの耐荷重がありながらスピードレンジが「H」(210km/hを許容)となっているのは、さすがテスラだ。

 荷台はシャッターで閉じられていて広さの確認ができなかったが、その前方にはほぼ天井大のバカでかいガラスルーフが広がる。4枚のドアにはドアノブがないが、ピラーに設けられたセンサーで開く仕組みだ。

 サイバートラックといえば、最先端の生産技術である「ギガプレス」が使われていることでも知られる。ボディ骨格のリアセクションを一発のアルミプレスによって鋳抜いてしまうという革命的なテクノロジーだが、下回りまでパネルが覆っていてそれを確認することはできなかった。

 室内についてもドアが開けられなかったためガラス越しのチェックとなったが、下半分をホワイト、上半分をブラックに塗り分けたダッシュボードは、他のテスラ車同様実にクリーンかつシンプル。

 このダッシュボードからドアにかけては一筋のアンビエントライトが点灯するはずで、ハンドルは上辺と下辺のないヨーク型だった。ちなみに運転席からフロントガラスは非常に遠く、ダッシュボード上に子ども用ベッドが作れるかもとも考えた(暑くて寝られんけど)。

次ページは : ■日本での販売には気になる点も……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!