【これは珍なり】 究極のヘビーデューティー 米軍、陸自の軍用車を自家用車に!?

 ミリタリースペックといえばその実用性を追い求めたデザイン、利便性にすぐれアパレルでも人気があり、MA-1が今年流行しているのはご存じのとおり。クルマの場合も同じで20年ほど前に流行したハマー(H1)も元を辿れば軍用車だ。そんな軍用車の世界に新たな風が吹き始めているという。災害救助にも役立つ質実剛健な1台を紹介したい。

文:WEBベストカー編集部
写真:(株)ホワイトハウスオートモービル、セイヤー


■アメリカ生まれの凄いやつ

 その名も「MRZR4」。これで「エムレーザー4」と読むとのこと。アメリカのポラリス社の製品で日本では(株)ホワイトハウスオートモービルが輸入元として販売を開始するそうだ。さっそくこのゴッツいクルマについてホワイトハウスオートモービルに聞いてみた。

「そもそもは以前から弊社でも扱いのあったRZR(レーザー)というクルマの派生車種になります。災害時の救助車両としてMRZR4が役立てると思い導入しました」

 このクルマは普通免許では乗ることができず、大型特殊免許が必要とのこと。「免許」というワードでピンと来た方もいるかもしれないが、そう、公道で乗ることができるのだ。こんな見るからにミリタリースペックなクルマをお父さんが通勤に使っていたらめちゃくちゃカッコイイ気がする。

a

■ミリタリースペックに酔う

 室内では4点式シートベルトを装備している。元々がミリタリーなクルマだから横転するような場所の走行だってあり得る。そうなったらやはり4点式シートベルトがないと不安だ。さらにその際に乗員を保護するロールケージも装備する。

 このロールケージも優れものでなんと工具不要で折りたためるそうだ。なぜかって? それはなにかと話題の輸送機、オスプレイへの搭載時に邪魔にならないようにとのこと。いやはや、実用性の極致だ。車体のサイズは全長359×全幅155×全高188㎝。

 このコンパクトなボディながら4人乗りで、肝心の走行性能はアメリカ軍のUSSOCOM(特殊作戦軍)の使用実績でお墨付き。4WDシステムはパートタイム式で、サスペンションのストロークも約32㎝と大きくそのポテンシャルを感じさせる。

 搭載エンジンは875㏄の2気筒4ストロークDOHCのガソリンエンジン。燃料タンクは27Lで、最大航続距離は149㎞だ。気になる(!?)最高速度は100㎞/hで当然ながら高速道路だってOK。またエアコンの設定はないもののパワステ、CVTの装備で意外にもドライブは快適そうにも思える。

 こうなると気になるのが、我々一般人が買えるかどうかということだが、すでに民間向け販売も行うことは決定している。詳細な価格は未定だが軽く1000万円は超すと思われる。たしかに安い買い物ではないがいざという時の備えとしては、金額に代えられない価値がありそうな1台だ。

b
このようにロールケージを畳めばオスプレイへの搭載も可能になる

■自衛隊のジープだって買える!?

 本来は自衛隊のクルマは国内で払い下げられて流通することはまずない。しかしBC編集部は自衛隊の73式小型トラック(ベースは三菱パジェロ)が買えるという情報を聞きつけて、さっそく販売をしているセイヤーの安藤氏に聞いた。

「細かい流通ルートや登録などについては企業秘密ですが、当然合法の車両です。自衛隊で使われた本物の車両と市販車のベース車両を使って仕上げています」

e

 自衛隊の車両はこまめなメンテナンスが施されており、基本的にはかなり好調とのことだが、補修部品などは市販車のベース車両のものを使っているそうだ。気になる価格だが自衛隊迷彩が施されたモデルは310万円。しかも走行距離1万1000㎞という極上モノだ。

 2.8Lのディーゼルでパワフルな走り、そしてATにエアコン、パワステ装備という世界でも稀に見る快適な軍用車ともいえる。注意点としてはNOx・PM対策地域を使用の本拠にできないということ。今回の個体はすでに現車確認の予約も入っているとのことだが、まだ何台か発売のために準備中とのこと。

d
ナンバー以外は正真正銘の本物だから迂闊な行動はできない!?

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ