【CX-5 eKクロス RVR NSX最新情報続々!】2020年最初の特別仕様車 限定車 新型情報!!

 マツダのCX-5が2018年10月以来となる一部改良を実施した。2017年2月の発売以来3年が経過したCX-5だが、ますます円熟味を増すアップデートとなる。

 このほか三菱からはeKクロス、RVRの特別仕様車、ホンダNSXは2020年モデルが登場、アウディSQ2、注目のクロスオーバーSUV DSクロスバック…などなど、国産車・輸入車の特別仕様車・限定車・ニューモデル情報てんこ盛りでお届け!

【画像ギャラリー】CX-5、eKクロス、RVR…清新のニューモデル・特別仕様車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月26日号


■マツダ CX-5(一部改良・2020年1月17日発売)

 マツダのCX-5が一部改良された。

写真は「タフ スポーツ スタイル」のアクセサリーパッケージ(12万5500円)装着車

 4WD車に悪路からのスムーズな脱出をサポートするオフロード・トラクション・アシストを採用。

 悪路走破性を強化するなどの改良が実施され、さらに力強い印象のスタイルを演出するアクセサリーパッケージ「タフ スポーツ スタイル」も設定された。

 また、同時に明るく上品な内装にした特別仕様車「シルク ベージュ セレクション」(296万4500円~)も発売された。

●価格:261万8000円~

■三菱 eKクロス「Tプラス エディション」(特別仕様車・12月25日発売)

 三菱の軽ハイトワゴン、eKクロスに特別仕様車「Tプラス エディション」が設定された。

eKクロスの特別仕様車「Tプラス エディション」の価格はベース車の15万4000円高

 この特別仕様車は、「T」グレードをベースに、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」、電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装着し、リアバンパーのアクセントをブラックに変更したモデル。

 さらに各所にブラックカラーを使った専用ディーラーオプションパッケージも設定されている。

●価格:182万500円~

■三菱 RVR「ブラックエディション」(特別仕様車・12月12日発売)

 三菱のコンパクトSUV、RVRの特別仕様車「ブラックエディション」が発売された。

ブラックカラーをアクセントに使った特別仕様車。価格はベース車の13万4200円高

 この特別仕様車は「G」グレードをベースに、ブラックカラーの専用フロントグリル&18インチアルミホイールなどで、ブラックをアクセントにして精悍さを高めたモデル。

 さらに内装では、スウェード調素材と合皮のコンビネーションシートや赤ステッチを施した本革ステアリングなどを装備してスポーティさを演出している。

●価格:244万8600円~

■ホンダNSX(2020年モデル・12月5日受注開始)

 ホンダのスーパースポーツ、NSXの2020年モデルが受注開始された。

 この2020年モデルでは、開発者の「心ときめく色をラインナップに加えたい」という想いから、新色の「インディイエロー・パールII」(8万8000円高)が追加されたのが変更点となっている。

●価格:2420万円

■アウディ SQ2(ニューモデル・12月3日発売)

 アウディQ2に300psの2Lターボエンジンと4WDのクワトロシステムを組み合わせたアウディSQ2が発売。

 足回りはSスポーツサスペンションを採用している。

●価格:599万円

■DS3クロスバック「RIVOLI」(特別限定車・12月10日発売)

 DSのコンパクトSUVであるDS3クロスバックに、オフホワイトのインテリアを採用した限定車の「RIVOLI」が設定され、40台限定で発売された。

【関連記事】DS3クロスバックの試乗リポートはこちら!

●価格:416万円

■ルノー ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション(限定車・12月5日発売)

 220psの1.6Lターボと6速MTでルノーレーシング直系の走りが楽しめるルーテシアR.S.の現行型最後となる限定車「ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション」が50台限定で発売。

現行型ルーテシアR.S.最終限定車。ボディカラーは「ブラン グラシエ」というホワイト

 このモデルは、ブラックエンブレム、ブラックシャークアンテナ、ルノー・スポールテストドライバーであるロラン・ウルゴンのサイン入りシリアルプレートが特別装備される。

●価格:340万2000円

■VW cross up!(限定車・12月3日発売)

 VWのスモールカーであるup!に、SUVルックに仕立てたクロスオーバータイプの限定車「cross up!」が設定された。販売台数は限定500台。

cross up!は専用の16インチアルミホイールを装着。ボディカラーは3色設定される

 cross up!の導入は3度目で、今回の限定車では新たに6個のスピーカーとサブウーファーの合計7個のハイエンドスピーカーをレイアウトしたオーディオシステムを標準装備。

 外装にアクセントとして、シルバーとブラックの専用パーツが採用されている。

●価格:216万9000円

■シトロエン グランドC4スペースツアラー(仕様変更・12月3日発売)

 シトロエンの独創的なクルマ作りの哲学を結集した7シーターMPVであるグランドC4スペースツアラーが仕様変更された。

仕様変更によって内装色の変更や装備の充実化が行われた。価格は従来の18万8000円アップ

 今回の仕様変更は、グレーベージュとブラックの2トーンによるファッショナブルで明るい内装と、これまではオプション設定だったパノラミックガラスルーフとハンズフリー電動ゲートを標準化したもの。

 レザーシートはオプションで選べるようになっている。

●価格:416万円

■アルピーヌA110リネージリミテッド(限定車・2020年1月9日発売)

 アルピーヌA110の左ハンドル限定車、「リネージ リミテッド」が10台限定で発売。

 予約申し込みをオフィシャルウェブサイトで受け付けている。なお、この限定車ではFUCHS製18インチホイールを装備する。

●価格:844万4000円

■キャデラック XT5(マイナーチェンジ・2020年1月1日発売)

 キャデラックの人気SUV、XT5の改良新型モデルが導入され、2020年1月1日から販売開始。「プレミアム」と「プラチナムスポーツ」の2モデルが展開される。

 新型では最新キャデラックデザインが取り入れられて刷新。3.6L V6エンジンに新設計の9速AT、4WDが組み合わされ、充実した先進安全装備が採用されている。

●価格:650万円~

■ベントレーフライングスパー(フルモデルチェンジ・12月4日発表)

 ベントレーのスポーツサルーン、新型フライングスパーが日本で発表された。

 3代目となる新型は635psの6L W型12気筒ツインターボを搭載し、8速DCTと4WDの組み合わせ。販売開始は2020年4月以降になる見込み。※【関連記事】ベントレーフライングスパーの試乗記事はこちら!

●価格:2667万円

【画像ギャラリー】CX-5、eKクロス、RVR…清新のニューモデル・特別仕様車たちをギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ