マツダ 100周年特別記念車登場! ほか有力メーカー新型ニュース12連発


 今年で創業から100周年を迎えるマツダから、100周年特別記念車を登録乗用車全車種に設定し限定販売するとのニュースが入ってきた。

 ほか、BMW X5・X6のハイパフォーマンスモデル「Mコンペティション」がいよいよ上陸するなど、今回も新型、特別仕様車、限定車情報を網羅!!!

【画像ギャラリー】マツダ100周年記念、BMW、シトロエン、ベンツ…各メーカー最新モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■マツダ 100周年特別記念車(4月3日予約受注開始)

 マツダは、創立100周年を記念する特別装備を採用した「100周年特別記念車」を国内で販売する登録乗用車全車種に設定、2021年3月末までの期間限定販売を実施している。

国内で販売する登録乗用車全車種に100周年特別記念車を設定

 1960年に発売したマツダ初の乗用車でありクルマづくりの原点「R360クーペ」をモチーフに、象徴的な赤と白のコーディネーションを採用。さらに100周年のスペシャルロゴをあしらった特別な装備を内外装に施している。

写真はMX-5(ロードスター)

■「100周年特別記念車」の概要(ベース車に対して追加される主な特別装備)
・フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)
・ヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)
・フロアカーペット(バーガンディ)
・キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印&100周年専用化粧箱入り)
・センターホイールキャップ(創立100周年スペシャルロゴ付)
・創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部)
・エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ
・ソフトトップカラー(ロードスターのみ):ダークチェリー

■発売時期
・MAZDA2、MAZDA3、CX-3……2020年6月以降
・CX-30、CX-5、CX-8、ROADSTER/ROADSTER RF……2020年7月以降
・MAZDA6…2020年9月以降
※MAZDA6の予約受注は5月以降を予定。

●価格:231万円(マツダ2)〜

■BMW X5 M/X6 M(ニューモデル・3月12日受注開始)

 昨年日本に導入されたBMWのアッパーミドルクラスSUV&クーペSUVである新型X5&新型X6のMハイパフォーマンスモデル「X5 Mコンペティション」「X6 Mコンペティション」がついに上陸。3月12日から受注を開始し、4月以降のデリバリーが予定されている。

価格はX5 Mコンペティションが1859万円。X6 Mコンペティションが1899万円

 今回導入されたX5 MとX6 MはMハイパフォーマンスモデルでも、よりアグレッシブなスポーツ走行を想定したコンペティション仕様。パワーユニットは625psものハイパワーを発揮する4.4L V8ターボエンジンを搭載。

 これに8速ATと4WDシステムが組み合わされ、安定した走りを可能にしながら、サーキットでの激しいスポーツ走行にも対応する。

 デザイン面ではブラックに塗装されたキドニーグリルや空力を向上させるミラーキャップなどM専用デザインを採用。刺激的なサウンドを響かせるMスポーツ・エキゾーストシステムも装備している。

 また、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能も搭載。

●価格:1859万円~

次ページは : ■BMW X3 M40i(追加モデル・3月6日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ