ドライブの聖地 身を切る思いで「来ないで」宣言 1日でも早い日常を

■「観光立町としてはまさに身を切る思い」

 2020年4月23日、神奈川県箱根町と小田原市の各町長・市長、各観光協会長は合同で記者会見を開き、「今は、観光に来ないでください」と異例の呼びかけを実施した。

関連記事…… 【注意!!】新型コロナ禍でGW期間中 高速道路の休日割引適用除外しSAPAレストラン営業自粛要請

「今、小田原・箱根への観光はお控えください、というメッセージは、観光立町としてはまさに身を切る思い」(山口昇士・箱根町長)と、緊急事態宣言が全国で発令されるなかで不要不急の外出を控え、ゴールデンウイークも観光は控えてほしいと会見で語った。

 小田原市、箱根町を含む6つの市と5つの町は、緊急事態宣言後も休日は県外からのクルマや人で混雑しており、「住民から不安の声が寄せられている」として、対策を求める要望書を4月22日、神奈川県に提出している。

 今回の会見を受け、黒岩祐治神奈川知事は、「今は神奈川に来ないでください。海には立ち入らないように、といった看板を、ずっと沿岸に並べていく」と語っている。

 箱根や小田原といえば、首都圏に住むクルマ好きにとってはドライブの聖地。公共交通機関に比べると、自家用車での移動は新型コロナウイルスの感染拡大可能性は低いものの、到着地(目的地)で混み合ってしまえば「クラスター」が発生する可能性は高まる。

小田原市長、箱根町長らの連名で発表された公式声明。シンプルなだけに悲痛で力強い

 せっかくのゴールデンウィーク、不安なニュースが続くなかで鬱々とした気分を解消するためにドライブに行きたい…という気持ちも重々わかるが、ここは我慢のしどころであり、皆さまのご協力を求めたいと思います。

文:ベストカーWeb編集部 写真:Adobe Stock/YATA!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ