トップ5に国産車なし!? パワフル&乗って楽しい ディーゼル王選手権

 ディーゼルといったら、低回転域からモリモリと出てくる強烈なトルク! 一度乗ったらやみつきになること間違いなしなわけだが、そんなディーゼル車で楽しいパワフルなクルマはどれなのか。自動車評論家 国沢光宏氏がぶっちゃける!

【画像ギャラリー】強烈なトルクに酔いしれるならこの10台!! 輸入&国産ディーゼル車TOP5をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号


■総合1位から5位まで輸入車が独占!BMW強し!

 今までに乗ったディーゼルで圧倒的な楽しさを持っていたのは、350psを発揮する3L 6気筒を搭載したアルピナD3だった。こらもうディーゼルのわりに凄い、というレベルじゃあない!

●BMWアルピナ D3 BITURBO

71.4kgm(700Nm)/1500~3000rpmの3L 直6ディーゼルターボを搭載するアルピナD3。1050万円~

 最大トルクなんか7000ccのガソリンNAエンジンと同等の700Nmもある! 加えて超滑らかなストレート6であります。絶品というしかありません。

 D3と同じエンジンを326psへデチューンして搭載しているアルピナD5も素敵でしたね!

●BMWアルピナ D5 S BITURBO

D3からデチューンされていても、最大トルクは同じ71.4kgmのD5。1324万円

 メルセデスの新世代3Lストレート6を搭載するS400dはスポーティでこそないものの、Sクラスらしい充分なパワーを持つ。何度乗っても「いいな!」と思う。

●メルセデス・ベンツ S400d

3L直6ディーゼルターボを搭載するS400d。スペックは340ps/71.4kgmだ。1215万円~

 そしてアルピナに搭載される3LのベースになっているBMWの6気筒を積むX5だって負けていない。

 4気筒ディーゼルのなかではボルボV40 D4が群を抜いて速い! しかも純正ロムチューンを入れると200ps/440Nmになります。

 V40 D4、明らかにオーバースペックのエンジンだと思う。スタートで全開するとホイールスピンする!

 日本勢は総合6位のマツダ6が最上位。というか、日本で欧州車と比較できるスペック持つのはマツダの2.2Lのみ。

 そのなかで最も軽いボディに搭載されているのがマツダ6といった具合。

●マツダ マツダ6(旧アテンザ)

国産車のなかで1台気を吐く形となったマツダ6。トップ10に入った国産車はマツダ6を除くと10位のCX-5が最高位だった。むぅ

 絶対的な出力などはヨーロッパの2L勢と同等ながら、ディーゼルで唯一マニュアルを選べるのが嬉しい点。

 マツダ3はモデルチェンジで2.2Lエンジンを落としたのが(燃費規制をクリアできないため)、まっこと残念です!

国産車上位5車
1位…マツダ MAZDA6
2位…マツダ CX-5
3位…マツダ CX-8
4位…マツダ MAZDA2
5位…トヨタ ランドクルーザープラド

■輸入車上位5車
1位…BMWアルピナ D3 BITURBO
2位…BMWアルピナ D5 S BITURBO
3位…メルセデス・ベンツ S400d 
4位…BMW X5 35d
5位…ボルボ V40 D4

■最終結果
1位…BMWアルピナ D3 BITURBO
2位…BMWアルピナ D5 S BITURBO
3位…メルセデス・ベンツ S400d 
4位…BMW X5 35d
5位…ボルボ V40 D4
6位…マツダ MAZDA6
7位…BMW 320d
8位…ボルボ XC60 D4
9位…BMW 523d
10位…マツダ CX-5

【画像ギャラリー】強烈なトルクに酔いしれるならこの10台!! 輸入&国産ディーゼル車TOP5をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ