バイクの高速料金が普通車の半額に!? 2021年4月から新料金プラン実現に向け調整中


定率割引の二輪車料金プランは通年で実施される可能性もある

 新しいツーリングプランの実施時期は、新年度を目標としている。「新年度、2021年4月からスタートさせたいと思いますが、それには様々な調整が必要ですし、若干の料金システムへの投資が必要になると思います。ですが4月最初の土日からスタートすれば十分連休にも間に合うはずだし、連休に入れば日帰りで楽しもうと思えば定率割引があるし、2泊3日で行こうという人は従来からのツーリングプランがあるし、それは非常にハッピーな状況になりますよね」と逢沢氏。

 新しい定率割引のツーリングプランが実施されても、従来の定額割引のツーリングプランは継続されるという。さらには、定率割引の新しいツーリングプランは、「一度スタートしたら通年、ずっと続く状態にしたい」と逢沢氏は考えており、今後の展開次第となるが、2021年以降はライダーにとってはかつてから考えられなかったほど良好な利用環境になりそうだ。

逢沢一郎氏の話をまとめた概要。議連及びPTが目指すのは国内二輪新車販売台数の促進だ。現状の40万台以下から再び100万台レベルに引き上げるために有効な取り組みを政策の面から支援する

【画像ギャラリー】バイクの高速料金が値下げに近づく!? その第一歩になるプランの全容はこちら