バイクは70歳から! 生きていることを実感するために走る、元内科医

バイクは70歳から! 生きていることを実感するために走る、元内科医

 日本自動車工業会の調べによると、2018年度のバイクの新車購入者の平均年齢は52.7歳。そして2019年度は54.7歳と、高齢化の一途を辿っている。

 それにしても、70歳で新たにバイクの免許を取る人は非常に珍しい。松本茂さんは70歳で免許を取得し、71歳の今、サーキットを駆けている。1000ccスーパースポーツモデルに乗ることを目標に、刺激を楽しむ日々だ。

文/高橋剛、写真/高橋剛

【画像ギャラリー】七十にして矩をこえずとはまさにこのこと! 生の実感を得るために、70歳の元内科医はバイクに跨った!!


■医者として患者の命を預かってきた。今は自分の命だけ

 「アドレナリンが噴き出るような行為を楽しみたいんですよ」。

 ホンダCBR250RRを降り、ヘルメットを脱いだ松本茂さんが笑顔を見せた。10代や20代の若者、ではない。松本さんは昭和24年生まれの71歳である。叩き上げのベテランライダーでもない。

 普通自動二輪免許、いわゆる中免を取得したのは今年5月。70歳でデビューを果たしたばかりという、ピカピカの1年生ライダーなのだ。

 しかもライダーとしての目標を、「リッタースーパースポーツモデルであるCBR1000RR-Rで、国際サーキットのツインリンクもてぎを走ること」と設定している。

 「いやぁ、レースをするつもりはありませんよ。ツーリングペースで走れれば十分なんです」と言いつつ、「CBR250RRを買ったのは、CBR1000RR-Rに乗るためのステップ」と、かなり本気だ。

 驚きは続く。松本さんは元・内科医である。60歳を機にすっぱりと医業から退くと、10年間はロッククライミングに興じた。

 その没入度合いも凄まじい。マッターホルン、シャモニー、アイガーといった、クライマー垂涎の名だたる岩山を攀じ登っているのだ。数百メートルの断崖への挑戦は、もちろん、落下すれば死を意味する。極めて高いリスクを負うスポーツだ。

 「医者をやっている間は、人の命を預かっていた。自分のミスで死んでしまうのは、私じゃなくて、患者さんだったんです。でもクライミングなら、ミスをして死ぬのは自分。100%自己責任という世界です。そういうのが好きな性分なんでしょうね」

 医師として全力を尽くし、患者の命を守ってきた。遊ぶことも一切なく、松本さんは責任をまっとうしようとあらゆる努力をした。

 「そりゃあ緊張感がありましたよ」と振り返る。患者の命が関わることだけに、仕事を楽しむなどという考えはなかった。開業医だった松本さんは、昼夜を問わず、電話が鳴るたびに「患者さんに何かあったかもしれない」とビクつく日々だった。

 その職から解き放たれた時、今度は自分の命を相手にして、ひりつくような緊張感を楽しみたいと思ったのだ。膝を痛めてしまい、クライミングを続けられなくなった松本さんが次に見出したのが、バイクだった。

次ページは : ■生を実感するために、リスクをマネジメントしたい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ