トーヨータイヤは過酷なバハ500参戦で、その真価を発揮できるのか!?

過酷なオフロードレースBAJA500、トーヨータイヤは真価を発揮できるのか!?

 世界有数の過酷なオフロードレースとして知られる「SCORE BAJA 500(バハ500)」は、砂漠地帯や山岳地帯など起伏に富んだ500マイル(約800km)を4日間で走破するオフロードレース。トーヨータイヤは、第53回「スコア バハ500」(2021年6月9~13日)に参戦する6チーム計7台のマシンに対し、ピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズを供給し、レース活動をサポートする。

 ハードな路面を制限時間内に走破するためには、ドライバーのテクニックに加え、装着タイヤの悪路走破性と耐久性が高いレベルで要求される。タイヤ性能のポテンシャルが試される今レース、トーヨータイヤの真価が問われている!?

文/ベストカー編集部 写真/TOYOタイヤ

【画像ギャラリー】バハ500の頂点を狙うトーヨータイヤのドライバーは猛者揃い!


トーヨータイヤ「オープンカントリー」装着の7台のマシンが過酷なレースに挑む!

2021年4月に開催されたスコアシリーズ第1戦「スコア・サンフェリペ 250」で総合優勝したブライス・メンジス選手

 毎年6月に開催される「SCORE BAJA 500(バハ500)」は、バハ・カリフォルニア州(メキシコ)にあるバハ・カリフォルニア半島で行われるオフロードレース。「SCORE World Desert Championship(スコア・ワールドデザートチャンピオンシップ)」(全4戦)における第2戦にあたり、世界有数の過酷なレースとして知られている。トーヨータイヤは、2021年6月9日~13日に開催される第53回バハ500に、米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.やメキシコタイヤ販売子会社NT Mexico S.De R.L.De C.Vとともに6チーム計7台のマシンに、ピックアップトラック/SUV用タイヤ「オープンカントリー」シリーズを供給し、レース活動をサポートする。

世界各地のオフロードレースに挑み、開発を続けてきたトーヨータイヤの「オープンカントリー」

2019年のスコア・バハ500優勝ならびにスコアシリーズ総合優勝を成し遂げたアンディ・マクミラン選手が疾走する

 同レース参加車両はメキシコのバハ・カリフォルニア半島の都市エンセナーダを出発し、起伏に富んだ砂漠地帯や岩場の多い山岳地帯で構成される全行程約500マイル(約800km)を高速で駆け抜ける。制限時間内に走破するためには、ドライビングテクニックに加え、装着タイヤの悪路走破性と耐久性が高いレベルで要求される。

本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤのオープンカントリーは、高い基本性能とアグレッシブなパターンデザインが高く評価されている

 今レースには、日本市場はもちろん、北米市場で高く評価されているトーヨータイヤの本格的オフロード向けタイヤ「オープンカントリー M/T」(ピックアップトラック/SUV用)をレース用にチューンアップした「オープンカントリー M/T-R」が供給される。世界各地のオフロードレースで蓄積した技術的経験をフィードバックし、開発を重ねた「オープンカントリー」シリーズは、トラクション性能やブレーキ性能、悪路走破性を向上したトレッドと、耐外傷性の高いタフネス構造で、シリーズ戦「スコア・ワールドデザートチャンピオンシップ」でも数々の総合優勝をサポートしてきた実績をもつ。

次ページは : トーヨータイヤがサポートする7台のマシンと猛者たち

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ