R35の集大成!!? 「即完」GT-R 100台限定モデルT-Specの全貌


 2007年の東京モーターショーでお披露目されてから14年が経つ日産 R35 GT-R。通常の車種でここまでモデルチェンジを行わないケースは滅多に無いが、モデルイヤー制による商品改良により、今でも超ド級のパフォーマンスを誇っている。

 2021年9月14日、そんな日産GT-Rの100台限定車「T-spec」が発表された。

 過去にいくつもの限定車を発売し、様々な方向性を見せてきたが、今回発表されたT-specがR35型 GT-Rとしての集大成となるのか? 抽選申し込みに応募が殺到し当選もすでに発表済みだが、その全貌を振り返ってみたい。

※本稿は2021年9月のものに適宜修正を加えています。「T-spec」の抽選は終了しています。
文/ベストカー編集部 写真/NISSAN 撮影/平野 学
初出:2021年10月26日号

【画像ギャラリー】もっと見せたい!!! 本文内では収まりきらなかったT-specの全貌を画像でチェック


■手に入れたいなら悩んでいる暇はない

 日産GT-Rの2022年モデル(22MY)が発表された。

 標準モデルについては、17MYで登場したアルティメイトシャイニーオレンジのボディカラーがカタログ落ちしたくらいで、グレード体系、スペック、価格とも変更ない。

 しかし、22MY GT-Rには特別なモデル、プレミアムエディション「T-Spec」と、「TRACKエディション engineered by NISMO(以下TRACKエディション)T-Spec」の2種類が用意される(※ともに抽選は終了済み)。

T-specには2種類のグレードが設定されている

 販売方法などについては後述するとして、2種類のT-Specについて見ていこう。

 名称を見てもわかるとおり、ベースとなっているのはそれぞれプレミアムエディションとトラックエディションで、それぞれに専用装備が与えられ、差別化されている。

 今回T-Specを登場させるにあたり、日産は過去へのオマージュ、憧憬を込め、R33GT-Rのミッドナイトパープル、R34GT-R Nur(ニュル)のイメージカラーだったミレニアムジェイドの2色を復刻させている。

過去のGT-Rでも話題になった2色を復刻させて登場。こちらはミレニアムジェイド
ミッドナイトパープルは光の当たり具合によりパープルにもグリーンにも見える

 この2色は、T-Specの専用カラーで、16万5000円のオプションとなる。

 T-Specの名称は、田村宏志チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS)のTという噂もあるが本人は否定。

 Trend Maker(その時代を牽引するクルマであり続ける)、Traction Master(しっかりと地面を捉え駆動する車両)という2つの意味が込められているという。

T-Specの専用エンブレムはフロント/リア、センターコンソール、キッキングプレートの4カ所に装着される
エンジンカバーは専用のゴールド

 性能面の進化としては、両T-SpecにはNISMOと同じカーボンセラミックブレーキが与えられる。

 プレミアムは専用サスチューンが施され、路面からの振動は15%低減、タイヤ剛性のアップによりコーナリング時の修正操舵は50%低減されて走りの質感を高めている。

 一方のTRACKエディションは、NISMOのサスペンションを移植し、オプションだったカーボン製ルーフ/トランクリッド/リアスポイラーを標準装備することで18kgの軽量化。

 パワーこそ違うが、NISMOに匹敵する操安性、ブレーキ性能を実現できたという。

ブロンズカラーのNISMOと同じ鍛造ホイール(TRACKエディションはブラック)&カーボンセラミックブレーキ

■スペシャルモデルならではの特別感を演出したインテリア

 お次はインテリア。

 最大の注目点は、ダッシュボードがNISMOで好評なアルカンターラ巻きとなり、プレミアムエディションT-Spec専用にシート、ドアトリムなどにシックなグリーンをあしらったインテリアが用意される。TRACKエディションはベースと同じ。

プレミアムエディションT-Specのシックなインテリア
シックなグリーンのインテリア。ドアトリムも同色
TRACKエディションはベースと同じシートとなる

 この魅力的なT-Specは、両モデル合計100台限定で販売される(内訳については非公表)。

「1台でも多く販売したい」(田村CPS)というものの、パーツ供給の関係で上積みは難しそう。

 MY22のGT-R NISMOは事前予約が殺到し、正式発表した時点で買えない、という異常事態となった。

 T-Specはそれを回避するため、先着順ではなく、9月15~29日まで予約を受け付け、その後抽選という販売方法をとる。

 しかし、T-Specにオーダーが殺到し(特にプレミアムエディション)、狭き門となることは確実。究極進化したT-Specを手に入れるなら迷っている暇はない!!

■GT-R MY22価格表(グレード/価格)
・ピュアエディション/1082万8400円
・ブラックエディション/1277万2100円
・プレミアムエディション/1232万9900円
・トラックエディション/1463万6600円
・プレミアムエディション T-Spec/1590万4900円
・トラックエディション T-Spec/1788万1600円

■GT-R MY22主要諸元
プレミアムエディションT-Spec
・全長×全幅×全高 :4710×1895×1370mm
・ホイールベース:2780mm
・最低地上高 :110mm
・車両重量 :1760(1740)kg
・エンジン:V6DOHCツインターボ
・総排気量:3799cc
・最高出力:570ps/6800rpm
・最大トルク:65.0kgm/3300-5800rpm
・トランスミッション:6DCT
・タイヤサイズ:Fr 255/40ZRF20/Rr 285/35ZRF20
・WLTCモード燃費:7.8km/L
※車両重量のカッコ内はTRACKエディションT-spec

【画像ギャラリー】もっと見せたい!!! 本文内では収まりきらなかったT-specの全貌を画像でチェック