重量感が泣かせる!! レース用切削マシンで削り出し!? クラファンの燃料キャップカバーが凄そう


 クラウンドファンディングサービスMakuakeで応援者を募っているディーフのフューエルキャップカバーに注目したい。かつてさまざまなフューエルキャップカバーが発売されてきたが、ここまで本気で作り込まれたものはなかった。

 アルミの塊からひとつずつ丁寧に削り出し、ドライカーボンを使用してディテールの隅々までこだわり抜いたレーシングなデザイン。ホンモノ志向のその作りと感触がプレミアム感を演出し、クルマを愛する者をうならせる。本格派フューエルキャップカバーで自己満足を爆アゲしようじゃないか!

文/江藤誌惠 写真/ディーフ

【画像ギャラリー】贅沢な素材感が圧倒的な存在感を放つ!!(7枚)画像ギャラリー

上等のパンツを履くかのごとく、最高のフューエルキャップカバーを!

アルミの塊をひとつずつ丁寧に削り出したフューエルキャップカバー

「フューエルキャップ交換」にメリットはあるのか?と問われると、メリットはない。しかし、上等のパンツを履いただけで己の格が上がったように感じるのと同じように、見えないおしゃれはとても大切だ。

 給油口を開けたとき、そこに安っちいプレスチック製のフューエルキャップがあるのと、ドライカーボン仕様のアルミ削り出しフューエルキャップがあるのと、どちらが心躍るだろうか。答えは一目瞭然。この見えないこだわりは自己満足に過ぎないが、そこまでこだわるのがクルマ好きというものだ。

Makuakeはこちらから

かつてないほど贅沢な素材で作られたプレミアムなカバー

デザインから素材まで徹底的にホンモノにこだわって製作された

 ドライカーボンの質感、ヘキサゴンボルトの存在感などエッジの利いたデザインはレーシングパーツの雰囲気に近く、射出成形された樹脂部品のような量産品感はない。重厚ながらシンプルなデザインが機能美を漂わせる。

 この本格派フューエルキャップカバーを作ったのは、ホンモノ志向のモノ作りをモットーに、アルミニウムやカーボン、アラミド繊維などの特殊素材を使ったスマートフォン関連で多くの製品をデザインしてきた「ディーフ」という会社だ。

強度部品として使われるA6061アルミ合金のモノブロック材から、ひとつひとつ時間を掛けて丁寧に削り出された贅沢な製品

 レーシングマシンで多用されるCNC精密切削加工で作られ、強度部品として使われるA6061アルミ合金のモノブロック材から、ひとつひとつ時間を掛けて丁寧に削り出された贅沢なフューエルキャップカバー。

 アルミニウム合金仕様には、これまでのA6063よりもさらに高強度で耐食性に優れたA6061を採用。A6063よりも約30%引張強さと耐力がアップしているという。正直、フューエルキャップカバーに耐力は不要だが、質感や感触重視でこの贅沢な素材を使う辺りが、ホンモノ志向のたまらないこだわりなのだ。

被せるだけでカンタン装着、すぐ使える!

フューエルキャップを3Dスキャンし、無理なくフィットする構造にし、耐熱処理が施された強粘着の両面テープで固定する

 カバーは全て実車のフューエルキャップを3Dスキャンし、限られたクリアランスで干渉しないよう緻密に設計されており、どの製品も無理なくフィットする構造となっている。取付けは、外れ防止用に耐熱処理が施された強粘着の両面テープで接着するだけ。

 車種の構造にもよるが、フューエルキャップカバーを装着したまま、キャップカバーを車側のキャップスタンドに置くことも可能だという(構造上、一部置けない車種あり)。

 現在の対応車種ラインナップには、ここ数年のBMW車全般と、BMWグループとなった2000年以降のMINI、ここ20年ほどのトヨタ/LEXUS、直径74cmのフューエルキャップを使用したメルセデス・ベンツ、NISSAN用が用意されており、ユーザーの反響によって拡大されていくという。

次ページは : 製品概要はコチラ!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ