今度はATにトラブル発生! 最終ゴールを目前に日野チームスガワラに暗雲が!!【ダカールラリー2022】

今度はATにトラブル発生! 最終ゴールを目前に日野チームスガワラに暗雲が!!【ダカールラリー2022】

 ダカールラリー2022も13日目。明日のジェッダが最終ゴールとなるが、この日のステージ11で日野チームスガワラは重大な危機に陥った。オートマチックトランスミッションに不具合が発生。

 低速でしか走れないため、チェックポイントなどをパスして直接SSのゴールに向かったのだ。これで大幅なペナルティが課せられ、累積順位もダウンする可能性が強い。

文/フルロード編集部・日野自動車・多賀まりお 写真/日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】ATの不具合で競技中にストップ。満身創痍のHINO600シリーズに明日はあるか!?(10枚)画像ギャラリー

一難去ってまた一難 今度はATに不具合発生

ステージ11の約40%は砂地、30%は砂丘で構成。一部の砂丘は非常に柔らかい砂で形成されている

 12日の競技中に電気系の不具合に見舞われた日野チームスガワラのHINO600シリーズは、メカニックによってトラブルを修復され、13日、ステージ11の競技に臨んだ。

 この日はビーシャを基点とするループコースで345.64kmのSS(競技区間)が行なわれたが、HINO600シリーズはSSスタートから30km地点でオートマチックトランスミッションの不具合によりストップ。

 その後なんとか低速で移動できる状態になったため、ループをショートカットしてSSのゴールに直接向かい、ビーシャのビバークに帰着した。

競技車が巻き上げ、高く舞う砂塵

明日は競技に復帰し最終ゴールを目指す

 ビバークでは待ち受けていたメカニックたちが早速トランスミッションの交換作業を開始。

 この日は競技スタートを切ったものの全てのチェックポイントとウェイポイント(コース上で通過を義務付けられているGPSポイント)をパスしてゴールしたため、大量のペナルティタイムが課される見通しだ。

 これにより累積順位の後退が予想されるが、日野チームは初めてハイブリッドシステムを搭載したラリートラックの走行データを可能な限り収集するべく、明日14日の競技に参加してジェッダのゴールを目指す。

 ダカール2022の最終日となる14日にはビーシャ~ジェッダ間で164kmのSSが予定されている。

明日の最終戦に向け、ATの交換準備を進めるメカニックたち

次ページは : 日野チームのメンバーのコメント

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ