不正疑惑だらけだった2021年F1シーズンだが、2019年のフェラーリなど過去の疑惑を覚えているか?

【F1 不正疑惑を検証】 昨年は動くリアウイングなどさまざまな疑惑で盛り上がったが 2019年のフェラーリ、そして悪夢の1994年シューマッハベネトン疑惑を覚えているか?

 2021年シーズンはレース内容そのものよりも、疑惑方面の話題で盛り上がった印象がある。メルセデスのDRSからルイスのブラジルエンジン、はたまたDASまで……。しかし疑惑は疑惑のままで、白黒はっきりしたものはほとんどない。2021年シーズンを振り返りつつ、F1を賑わせた過去の疑惑を見つめ直してみる。

 2019年フェラーリPU疑惑と1994年シューマッハ&ベネトン疑惑はどんなものだったのか? 元F1メカニック津川哲夫氏に解説していただいた。
文/津川哲夫、写真/Red Bull Content Pool,Ferrari,LAT images

【画像ギャラリー】F1 2021シーズンの不正疑惑を検証!2019年のフェラーリ、1994年シューマッハなどかつての話題を振り返る(6枚)画像ギャラリー

■疑惑は疑惑のままだが、レッドブルホンダ・フェルスタッペンの戴冠が決定

 激闘の2021年シーズンはレッドブルホンダの勝利で終わった。しかし勝利のための執念か、トップ2チーム間に発生した疑惑は醜いほどの応酬の数々だった。

 レッドブルのリアウィングのたわみ疑惑や、ホンダエンジン開発疑惑。これは2021年シーズン用の“新型ホンダPUがシーズン開幕してから速くなった”とメルセデスが疑惑を投げ掛け、シーズン中のパフォーマンスの向上はレギュレーション違反ではないか? シーズン中にパフォーマンス開発を行ったのでは? と執拗にFIAに迫り、FIAは実にレッドブル軍団の4台を執拗にランダム車検にピックアップしていた。だが結果は白だったのだ。

ブラジルGPのハミルトンはまるでロケットエンジンを積んでいるような速さで、先行するマックスをオーバーテイクしそのまま優勝した

 また、レッドブルのピットストップオート化疑惑というのもあった。前半戦のレース結果の多くで、ピットストップタイムがレッドブルとは1秒近く離されていることに我慢ならなかったメルセデスが、「レッドブルのピットストップはオート化が行き過ぎている。人間の反応限界を超えていて危険なのでは?」と抗議。これをFIAは受け入れてしまい、シーズン中にもかかわらずピットストップ機構のレギュレーション変更を行ってしまった。つまりメルセデスは追いつけない1秒を、規則の変更を引き出すことで取り戻したのだ。

モナコGPのボッタスホイール事件。このことが元でピットストップのレギュレーションが変更になったとの疑惑も……

 そんなメルセデスもまた疑惑にあふれていた。PUチャージ温度疑惑、そしてリア&フロントウィングのたわみ疑惑等々……それらは技術的な違反疑惑を使った政治的な神経戦の体をなしていた。

F1第19戦ブラジルGP予選後、ハミルトン44号車のリヤウィングに技術的な違反が見つかったことで予選失格になった

 F1はライバルからアドバンテージを得られるならば、何でもするまさに戦い、戦争なのだ。

■2019年メルセデス、レッドブルを寄せ付けないほどフェラーリが速くなったワケ

 最近のF1での本格的な疑惑は2019年に発生していた。それはフェラーリのPU疑惑だ。

 2018年までは鳴かず飛ばずであったフェラーリが、突如2019年シーズンに入るとパフォーマンスを大きく向上させ、数多くのポールポジションを獲得したのだ。フェラーリSF90の高速サーキットでのトップスピードは尋常ではなく、ハイパワーゆえにドラッグを無視したハイダウンフォースセッティングも可能で、コーナリングでも大きなアドバンテージを生み出してきた。

2019年のルクレールは7回のポールポジションと2回の優勝を果たした。パワーアップしたエンジンに疑惑が集中した

 しかし現行のレギュレーションでのパワーアップは理論上かなり難しい。電気的なパフォーマンスは回生力と出力の効率向上しかなく、これもその上限が規定されている以上、大幅な向上は難しい。またICE (エンジン)でのパワーアップも理論上は燃料の流量制限があり、時間100kg以上の流量での供給はフローメーターで監視されていて、それ以上の燃料供給は難しく、この制限下ではターボブーストの増加は無駄に近い。このように極めて難しいはずのパワーアップをフェラーリは大幅に向上させたのは確実で、そのパワーアップぶりに疑惑の目が向けられたわけだ。

 問題は搭載義務のあるフローメーターの搭載位置にあった。フローメーターでの検出はあくまでも底を流れる流量であり、規制を超えることはないのだが、エンジン側に要求がないときでも燃料を流し続け、使わなかった燃料は通常では再びタンクへと回帰するしくみになっている。フェラーリはフローメーターとエンジンの中間にリザーブタンクを増設、これにフローメーター通過後の余った燃料をプールしておき、必要に応じてそこから燃料を補給するアイデアを発案した。つまりフローメーターでは100kg/h以下なのに、エンジンにはそれ以上の燃料が供給されブースト増加もパワーアップも可能だったという。

 この疑惑には落ちがある。問題視されながらもフェラーリとFIAの間で秘密裏の協議がされて、何の裁定も下されぬまま両者の間で何らかの手打ちが行われた。その内容は表に出ないまま、うやむやに済まされてしまった。そして翌2020年のフェラーリPUのパワーはなぜかダウンしていた。一体何があったのか……技術問題以前にFIAとフェラーリの間の闇の協定こそが大きな疑惑となったのだ。

次ページは : ■悪夢の1994年、イモラでのセナの悲劇から疑惑は政治的に利用され始めたのだ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ