塵も積もれば!! 1円でも得をしよう!! 節約伝道師のカーライフ節約術10選

 カーライフは維持費がどうしてもネックになりがち。でも、どうにかして1円でも安く節約することができる秘策があるのは知っていますか?

 そこで今回は「クルマ界の節約キング」こと、コスパには厳しい渡辺陽一郎氏にあれこれ節約できる10のテクニックを聞いてみました。

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年8月26日号


■クルマを買うときの節約術あれこれ

 クルマを買うときは1円でも安く買いたいもの。例えば300万円のクルマを買うときも、295万円になれば精神的な幸福度は5万円以上のものがあるはず。

 ということで、今回は渡辺陽一郎氏にクルマを買うときの節約術あれこれをまず聞いてみました。

【下取り査定が高くなる購入時季は?】

 すぐ越年して年式が古くなる12月のボーナス時期の新車購入より、翌年の1月に買えば(登録すれば)、高年式を保てる。

 例えば2018年1月に購入し2020年12月に売却すると、3年近く使っても2年落ちで計算され、売る時は高値になるメリットが!

 また、決算フェア開催の2月に契約して3月に登録と納車を行うケースもお得。決算値引きを獲得できて、9カ月間はその年式を維持できるから、バランスのいい買い方といえるでしょう。

【軽自動車税を1年分節約する裏技とは!?】

 軽自動車税は軽乗用車が年額1万800円、軽商用車は5000円。購入時の月割り納税はなく、購入の翌年度ぶんから納めることに。

 そうなると年度が変わった4月1日に届け出(小型/普通車では登録)をすれば、その年度は無料なんですよ。

 さらに翌年度からの課税になるので、軽乗用車であればほぼ1万800円を節約できる。いいでしょ、これ!

【併売車種を買うときは点検費用も比べるべし】

 トヨタの販売ディーラーは4系列に分かれ、プリウスやアクアなど全店が取り扱う併売車種も増えている。

 併売車種を買う時は、いろいろな条件を出して、比較して販売系列を決めるとお得です。例えば購入時には、各販売系列同士で値引き競争をさせる。

併売店がある場合には競わせるのが常套手段。この際は点検工賃や、自宅への引き取り料金なども聞いておくのがいい

 ローンを使うなら、販売系列による金利の違いも比較。残価設定ローンの残価率も、同じ車種で違いがあり、同じ条件で見積りを取って月々の返済額を比べるのも得策。

 そのほか数年先の車検や点検の基本料金(主に工賃)も違うので、そこも比較。細かく提示、比較して安くするのがミソです。

【オプションはメーカーオプションを積極的に】

 オプションには、生産ラインで装着されるメーカーオプション(MO)と、販売店で組み付けるディーラーオプション(DO)がある。

 選択肢はDOが多いが、機能のわりに価格を安く抑えているのはMO。例えばアルミホイールはDOが4本で10万円、MOの場合は半額以下の4万5000円の場合も!

 DOでは外したスチールホイールが無駄になり、同時に販売会社の粗利も多く含まれて価格が高くなるが、MOは車両本体に準じるからです。

 そのいっぽうで、DOは無料でサービス装着を実施するなど、販売会社ごとにいろいろな活用をしているのです。

【オプション満載よりも上級グレードを】

 上級グレードは、標準装着される装備が豊富なわりに価格を安く抑えているケースが多い。というのも、クルマに装着される装備の原価は想像以上に安く、豊富に装着してもコストはそれほど上がらないから。

 さらに上級グレードは数年先に売る際も有利になる。下取り査定はグレードによって異なる「型式」で判断されるからです。

 安いグレードにオプション装備を数多く加えるより、”いい買い方”ですよ。

■維持費をグッと抑える節約術

【ディーラーフェアで300円で洗車せよ】

 ディーラーの増販フェアなどでは客寄せのサービスとして、なんと1回300円で洗車を行っていることが多い。

 さらに待っている間に、コーヒーとお菓子が出てきたりするのでけっこうオトク。洗車以外にも、窓ガラスコーティングなどいろいろなサービスを受けるのもアリです。

【オイルのボトルキープは小排気量車ほどオススメ】

 トヨタを中心にディーラーでは、オイルをまとめて購入する「ボトルキープ」のサービスを実施している店も。

 20Lをまとめて購入するのでボトルキープの価格は、通常価格の60〜65%程度に抑えられる。

オイル交換は長い目で見ると小排気量がお得。まとめ買いはお得だ

 しかも工賃が含まれるため、オイル使用量の少ない比較的コンパクトな車種ほど割安になる。

 例えばプリウス、5回ぶんの通常料金は約3万円で(1回あたり約6000円)、ボトルキープを使うと半額の約1万5000円になったりするのですよ。

【中古車を買うなら銀行ローンがオススメ】

 新車の購入で使えるディーラーローンは金利が全般的に低い。特に残価設定ローンは、実質年率が2.9〜4.9%。

 ところが中古車購入のローンは9〜10%と高くなる傾向にある。一般的に4%以下に抑えると、コスト負担が生じてしまうので、中古車はそこまでのサービスがしにくいのです。

 そこで注目されるのが銀行/信用金庫/JAのマイカーローン。

 新車と中古車の区別はなく変動金利だが、実質年率2〜4%という場合が多い。キャンペーンになると1.4%も!

 またJAでは、任意保険に相当する自動車共済に入ると、金利がさらに下がるサービスもあるのです。

【燃費向上にはまずは荷物を下ろすこと】

 クルマのラゲッジなどに、洗車で使う道具など頻繁に使わない余計な荷物を積んでいると、車重が増え、燃費悪化の原因になるのです。

 細かい話かもしれないけど、5円安いレタスやトマトを買い求めるためにスーパーをかえる奥様なら、わかるはずです。

 さらに、余分な荷物をラゲッジから降ろせばタイヤの摩耗を防ぐ効果もあります。

【デパートの駐車場を安く使う方法】

 デパートなどの駐車場は、2000円の買い物で90分無料、1万円以上であれば3時間無料という具合に、買い物金額に応じて無料駐車できる時間が違う場合が多い。

 延長すると1時間あたり600円前後を取られたりする。このシステムをお得に活用する術があり、”商品券を購入”するのがキモ。

1万円の商品券を買い、1万円分の商品券で買い物をする。実質的に1万円の出費だが、デパートの領収書は2万円になり駐車サービスも受けられる

 1万円の買い物で3時間無料であれば、1回目の買い物で1万円の商品券を購入。それで3時間無料となる。

 2回目はその商品券で1万円の買い物をする。それで再び3時間駐車できるワケ。つまり1万円で合計6時間の駐車。商品券購入、オススメですよ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ