長距離輸送も電動化! メルセデス・ベンツが大型バッテリーEVトラックをいくつも準備中!!

長距離輸送も電動化! メルセデス・ベンツが大型バッテリーEVトラックをいくつも準備中!!

 ダイムラー・トラックグループに属するメルセデスベンツ・トラックスは2022年5月30日、長距離輸送用のバッテリーEV(BEV)大型トラック「eアクトロス・ロングホール」の公道での試験を2022年中に開始すると発表した。

 大型トラックにとって最も重要な長距離輸送という市場を担うことになる同車は、既にプロトタイプが製造され社内での試験を行なっているという。また、詳細は不明ながらeアクトロスの追加車型を準備していることも明らかにした。

 併せて低床特装シャシのBEV大型トラック「eエコニック」を、早ければ今年7月から量産化することも発表した。

 商用車で世界最大手のダイムラー・トラックは、2030年までに欧州で販売する車両の50%、2039年までに日・米・欧の新車販売のすべて、2050年までに道路輸送全体の「CO2ニュートラル」実現を掲げる。

 欧州では、メガワット級の充電器を要する商用車向けの充電インフラでトラックメーカー各社が提携するいっぽう、顧客向けの試乗会にBEVトラックを用意するなど、ダイムラー・トラックグループが電動化を着々と進めている。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Daimler Truck AG

【画像ギャラリー】続々と電動化されて行くメルセデス・ベンツの大型トラック(6枚)画像ギャラリー

大型トラックの最重要セグメント

長距離輸送も電動化! メルセデス・ベンツが大型バッテリーEVトラックをいくつも準備中!!
ダイムラーが公開した「eアクトロス・ロングホール」。写真ではなくレンダリングだが、デザインは2020年のFCEVコンセプトと変わらない?

 ダイムラー・トラック傘下のメルセデスベンツ・トラックスは2021年に短距離の集配送用のバッテリーEV(BEV)大型トラック「eアクトロス」の量産・販売を開始しているが、この度、追加のBEVトラックの投入が発表された。

 大型車にとってとりわけ重要なのが長距離輸送用トラック(トラクタ)というセグメントだ。発表された「eアクトロス・ロングホール」はこのセグメント(の一部)を担うもので、1充電当たり500kmの航続距離を目指している。2024年の量産化を計画する。

 その最初のプロトタイプとなる40トンのBEVトラックが既に製造されて、社内での試験を行なっているといい、開発チームの予定では、2022年中に公道でのトライアルを開始することになる。

 eアクトロス・ロングホールは、いわゆる「メガワット充電」に相当する高度な充電にも対応する。また、メルセデスベンツ・トラックスではeアクトロスに追加するバリエーションを準備中としたが、詳細は明らかにしなかった。

 これまでのeアクトロスの車型は、航続距離の異なる「eアクトロス300」と「eアクトロス400」で、eアクトロス300ならバッテリーパック3つで航続距離300km、eアクトロス400は4つで400kmというスペックだ。

 バッテリー容量はBEVの車両価格に大きく影響を与えるほか、トラックの場合は積載量への影響があり、「大は小を兼ねる」というわけにはいかない。eアクトロスシリーズで航続距離を細かく刻んできた背景には、こうした事情もありそうだ。

 さらに、ゴミ収集など自治体需要の多い低床特装トラックのBEV「eエコニック」を、早ければ7月までに量産化し、ヴェルト工場からロールオフする。同工場が製造する完全電動トラックはeアクトロスに続き、2モデル目となる。

次ページは : 欧州で試乗イベントを開催

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!