シエンタ強さの秘密とは? 地味…なんて言わないで!! 隠れたヒット車


■セーフティセンスが改良されたのも大きなポイント

緊急自動ブレーキを作動させる安全装備のトヨタセーフティセンスも改良され、昼間に関しては歩行者の検知が可能になった。従来は歩行者に対応していないことが重大な欠点だったから、先ごろのマイナーチェンジはユーザーにとってメリットが大きい。

音波を使ったインテリジェントクリアランスソナーも新設定された。車庫入れなどのために徐行している時に、近くにある障害物を検知すると、警報を発して最終的には緊急自動ブレーキも作動させる。車両の周囲を上空から見たような映像として、カーナビ画面に表示するパノラミックビューモニターもオプション設定した。

■受注が停止していた期間も影響している

いずれも注目度の高い改良だが、これだけが登録台数を昨年の1.5倍まで急増させた理由ではない。まずマイナーチェンジを控えて、受注が停止していた期間が影響した。

受注停止のために、2018年9月の登録台数は前年に比べて16%減っている。10月の登録台数は、9月に減少した台数とマイナーチェンジで増えた台数が合計されたから、前年の1.5倍になった。

安全装備の向上も見逃せない。先に触れたとおり改良前のトヨタセーフティセンスは、歩行者を検知できなかった。ほかのトヨタの小型車も同様だったが、2018年4月にアクア、5月にはヴィッツが改良を行い、トヨタセーフティセンスの歩行者検知を可能にしている。

そうなればシエンタも遠からず改良されるから、安全装備を重視するユーザーは、購入を延期させていた。この台数もマイナーチェンジ後の上乗せに含まれる。

さらにヴォクシー/ノア/エスクァイアのトヨタセーフティセンスが歩行者を検知できず、2019年1月に改良を受ける事情も関係している。そこまで待てないユーザーは、ダウンサイジングになるものの、歩行者検知を可能にしたシエンタを買うことがあるだろう。

トヨタのコンパクトカーでは、ポルテ&スペイドの設計が古くなり、トヨタセーフティセンスは歩行者を検知できない。今では売れゆきも下がり、この需要がシエンタに流れた面もある。

以上のように最近は、トヨタが用意する5ナンバー車の魅力が低下していた。そこにシエンタが安全装備を進化させ、2列シート仕様も加えたから需要が集まった。

シエンタは取り扱いディーラーも多い。先代型は全国に約1300拠点あるトヨタカローラ店が販売していたが、現行型はトヨタの全店(4系列のすべて)が扱うから4900拠点に増えた。

次ページは : ■ライバル、フリードに対しても大きなアドバンテージ!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ