シエンタ強さの秘密とは? 地味…なんて言わないで!! 隠れたヒット車

2018年10月の新車販売台数で、トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが、なんとアクアに次いで2位を獲得した。しかも、僅差ながらトップ常連の日産ノートを抜いたのは凄い!

この大躍進を遂げた理由は、2018年9月11日にマイナーチェンジが行われたからだ。

はたして劇的進化だったのか? なぜこれほど販売台数を伸ばしたのか? シエンタの強さの理由をモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ自動車


■2018年9月11日に行われたマイナーチェンジ

2018年9月11日にマイナーチェンジが行われた。フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リアアンプ、ホイールキャップなどのデザイン変更が行われたほか、アウトドアや車中泊に最適な2列シート車を設定した

日本自動車販売協会連合会による2018年10月の登録台数を見ると、シエンタが小型/普通車の2位に入った。1位はアクア(1万405台)、2位はシエンタ(9840台)、3位がノート(9740台)という順番だ。

シエンタの2018年10月の登録台数は9840台で対前年比は147%に達する。10月以前の小型/普通車の登録台数ランキングでは、7月6864台で12位、8月5538台で12位、9月は7314台で8位だったから、10月になって一気に浮上したということになる。

2018年1〜6月上半期を見ても、1位ノート(7万3380台)、2位アクア(6万6144台)、3位プリウス(6万4019台)、4位セレナ(5万6095台)、5位フィット(4万7962台)、6位ヴォクシー(4万7702台)に次いで、シエンタは7位(4万5417台)。ミニバンとしては3位だ。

なかなか上位5位に入ることがなかったシエンタが2018年10月にはいきなり2位に浮上

高人気を受けて納期も伸びている。2018年11月19日に販売店で納期を尋ねると「本日の受注でノーマルエンジン車の納車は12月下旬(納期は1か月少々)、ハイブリッドは2019年2月下旬(3カ月少々)」だという。ハイブリッドの納期が長引いている。受注台数が推定で3万台という話も聞かれる。

人気が急上昇した一番の理由は、2018年9月11日にマイナーチェンジで、これまでなかった2列5人乗りをラインアップに加えたからだ。

従来のバリエーションは3列シートの6人乗りと7人乗りだったが、新たに2列シートの5人乗りを「ファンベース」(ファンベースXとファンベースG)というグレード名で加えた。

■5人乗りは安いのか、高いのか?

では新たな加わった2列シート5人乗りのファンベースは、従来からある3列シート7人乗り、3列シート6人乗りと比べてお得なのか、比較してみた。

■2列5人乗りのファンベースの価格
●ファンベースG(HV、5人乗り)=234万360円
●ファンベースG(ガソリン、5人乗り)=198万720円

●ファンベースX(HV、5人乗り)=218万7000円
●ファンベースX(ガソリン、5人乗り)=177万6600円

ラゲッジスペースがゆったりとしている5人乗り仕様

まず、ファンベース5人乗りGと、3列シートのGグレードと比較してみる。3列シートのファンベースGグレードの価格は以下の通り。

●G(HV、7人乗り)=238万320円
●G(ガソリン、7人乗り)=202万680円
●G(ガソリン、6人乗り)=216万2160円

Gグレード同士で比較してみると7人乗りに対して、HV、ガソリン車ともに5人乗りは3万9960円安い。ガソリン車の6人乗りに対して、5人乗りガソリン車は18万1440円安い。

大の大人が座るのには少々狭いが子供やいざという時に使える3列7人乗り仕様も侮れない

続いて3列シート、Xグレードの価格は以下の通り。

●X(HV、7人乗り)=222万6960円
●X(ガソリン、7人乗り)=181万6560円
●X(ガソリン、6人乗り)=195万8040円

Xグレード同士の比較でもGグレードと同様、5人乗りは7人乗りに対して3万9960円安く、6人乗りに対して18万1440円安い。6人乗りは独立したキャプテンシートではないものの、シート中央のアンダートレイやアームレストが付いており、中央席のヘッドレストがない分、後方視界がいい。

7人乗り仕様に対して5人乗り仕様は、ハイデッキ、ローデッキに切り替えられるラゲッジボードや大型ラゲッジアンダートレイ、ユーティリティホールが装備されるものの、正直3万9960円しか安くなっていないというのは拍子抜けしてしまった。

ラゲッジのデッキサイド両側にある9個のユーリティホールによって、装着オプションのフックやシステムバーと組み合わせることでさまざまな荷室の使い方ができる

2列目を倒すことでフラットな荷室を拡大できる。最大の荷室長は2065mmとされ、後席の左右を両方ともに倒した状態であれば、26インチのマウンテンバイクを2台搭載でき、車中泊にも対応できる。  2列シートのファンベースでは、デッキボードも使いやすい。ボードを反転させることで、ローデッキ(荷室の床面地上高は530mm)とハイデッキ(610mm)に切り換えられる。 ローデッキでは荷室高が1070mmに達して、背の高い荷物も積みやすい。ハイデッキでは、荷室の床面がフラットになり、長い荷物を積んだり車内で宿泊する時に便利だ

■セーフティセンスが改良されたのも大きなポイント

緊急自動ブレーキを作動させる安全装備のトヨタセーフティセンスも改良され、昼間に関しては歩行者の検知が可能になった。従来は歩行者に対応していないことが重大な欠点だったから、先ごろのマイナーチェンジはユーザーにとってメリットが大きい。

音波を使ったインテリジェントクリアランスソナーも新設定された。車庫入れなどのために徐行している時に、近くにある障害物を検知すると、警報を発して最終的には緊急自動ブレーキも作動させる。車両の周囲を上空から見たような映像として、カーナビ画面に表示するパノラミックビューモニターもオプション設定した。

■受注が停止していた期間も影響している

いずれも注目度の高い改良だが、これだけが登録台数を昨年の1.5倍まで急増させた理由ではない。まずマイナーチェンジを控えて、受注が停止していた期間が影響した。

受注停止のために、2018年9月の登録台数は前年に比べて16%減っている。10月の登録台数は、9月に減少した台数とマイナーチェンジで増えた台数が合計されたから、前年の1.5倍になった。

安全装備の向上も見逃せない。先に触れたとおり改良前のトヨタセーフティセンスは、歩行者を検知できなかった。ほかのトヨタの小型車も同様だったが、2018年4月にアクア、5月にはヴィッツが改良を行い、トヨタセーフティセンスの歩行者検知を可能にしている。

そうなればシエンタも遠からず改良されるから、安全装備を重視するユーザーは、購入を延期させていた。この台数もマイナーチェンジ後の上乗せに含まれる。

さらにヴォクシー/ノア/エスクァイアのトヨタセーフティセンスが歩行者を検知できず、2019年1月に改良を受ける事情も関係している。そこまで待てないユーザーは、ダウンサイジングになるものの、歩行者検知を可能にしたシエンタを買うことがあるだろう。

トヨタのコンパクトカーでは、ポルテ&スペイドの設計が古くなり、トヨタセーフティセンスは歩行者を検知できない。今では売れゆきも下がり、この需要がシエンタに流れた面もある。

以上のように最近は、トヨタが用意する5ナンバー車の魅力が低下していた。そこにシエンタが安全装備を進化させ、2列シート仕様も加えたから需要が集まった。

シエンタは取り扱いディーラーも多い。先代型は全国に約1300拠点あるトヨタカローラ店が販売していたが、現行型はトヨタの全店(4系列のすべて)が扱うから4900拠点に増えた。

■ライバル、フリードに対しても大きなアドバンテージ!!!

シエンタの最大のライバルはフリード。2018年10月の販売台数では6751台で7位

もちろんシエンタの商品力も高い。先代型と同様の薄型燃料タンクを使って床を低く抑えたから、全高が1700mmを下まわるのに、3列目に座っても膝が持ち上がる窮屈な姿勢になりにくい。ハイブリッドのニッケル水素電池も、燃料タンク前側の床下に配置され、居住性にほとんど悪影響を与えていない。

この優れた空間効率は、ライバル車のフリードを上まわる。フリードは床が少し高くステップワゴンと同等だが、全高は100mm以上も低い1710mmだから、室内高が不足気味で3列目に座ると膝が持ち上がりやすい。

その代わりフリードは、内外装がミニバンらしい形状だから好みに合うユーザーも多いが、シエンタは車内を広く確保する工夫を凝らした。

フリードの3列シート7人乗り。価格はフリードHVが225万6000〜265万6000円、ガソリン車が198万〜212万1600円(価格はFF、モデューロは除く)

2列5人乗り仕様のフリード+(プラス)はHVが227万6000〜267万6000円。ガソリン車が190万〜212万円(価格はFF、モデューロは除く)

シエンタはガソリン車の価格を約180万〜200万円に抑えながら、内装の質を高めたことも特徴だ。インパネは樹脂性でソフトパッドをほとんど使わないが、見栄えはよい。ステッチ(縫い目)やキルティング風の装飾を施すなど、コストを抑えながら上質に見せている。

コンパクトで低価格の車種を上質に見せるのは、もともとトヨタの得意ワザだった。最近はヴィッツやアクアが質感を下げて発売され、その後に改善されるなどトヨタ車のよさが薄れてきたが、シエンタには今でも息付いている。

価格も絶妙だ。前述のようにシエンタの1.5Lガソリン車は約180万〜200万円だから、2Lのヴォクシー&ノアに比べると50万〜70万円安い。最近は安全装備や環境性能の向上もあってクルマの価格が上昇傾向にあり、ヴォクシー&ノアでも割高感が強まりつつある。

今回ラインアップされたシエンタの5人乗りファンベースの価格にしても、ガソリン車が177万6600〜198万720円、HVが218万7000〜234万360円。対する5人乗りのフリード+(プラス)はガソリン車が190万〜212万円、HVが227万6000〜267万6000円と、後発だけにフリード+(プラス)より価格を安く設定している。

ミニバンは就学年齢に達した子供を持つ世帯が多く購入するため、出費にはシビアだ。ユーザーの関心が、ヴォクシー&ノアから割安なシエンタに移っている面もある。

このようにシエンタには好調に売れる要素が多く、以前から販売の上位に入っていた。それがマイナーチェンジで弾みを付け、小型/普通車の2位になった。果たしてこれからも高人気を維持できるのか!? 今後の動向に注目したい。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ