シエンタ強さの秘密とは? 地味…なんて言わないで!! 隠れたヒット車


2018年10月の新車販売台数で、トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが、なんとアクアに次いで2位を獲得した。しかも、僅差ながらトップ常連の日産ノートを抜いたのは凄い!

この大躍進を遂げた理由は、2018年9月11日にマイナーチェンジが行われたからだ。

はたして劇的進化だったのか? なぜこれほど販売台数を伸ばしたのか? シエンタの強さの理由をモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ自動車


■2018年9月11日に行われたマイナーチェンジ

2018年9月11日にマイナーチェンジが行われた。フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リアアンプ、ホイールキャップなどのデザイン変更が行われたほか、アウトドアや車中泊に最適な2列シート車を設定した

日本自動車販売協会連合会による2018年10月の登録台数を見ると、シエンタが小型/普通車の2位に入った。1位はアクア(1万405台)、2位はシエンタ(9840台)、3位がノート(9740台)という順番だ。

シエンタの2018年10月の登録台数は9840台で対前年比は147%に達する。10月以前の小型/普通車の登録台数ランキングでは、7月6864台で12位、8月5538台で12位、9月は7314台で8位だったから、10月になって一気に浮上したということになる。

2018年1〜6月上半期を見ても、1位ノート(7万3380台)、2位アクア(6万6144台)、3位プリウス(6万4019台)、4位セレナ(5万6095台)、5位フィット(4万7962台)、6位ヴォクシー(4万7702台)に次いで、シエンタは7位(4万5417台)。ミニバンとしては3位だ。

なかなか上位5位に入ることがなかったシエンタが2018年10月にはいきなり2位に浮上

高人気を受けて納期も伸びている。2018年11月19日に販売店で納期を尋ねると「本日の受注でノーマルエンジン車の納車は12月下旬(納期は1か月少々)、ハイブリッドは2019年2月下旬(3カ月少々)」だという。ハイブリッドの納期が長引いている。受注台数が推定で3万台という話も聞かれる。

人気が急上昇した一番の理由は、2018年9月11日にマイナーチェンジで、これまでなかった2列5人乗りをラインアップに加えたからだ。

従来のバリエーションは3列シートの6人乗りと7人乗りだったが、新たに2列シートの5人乗りを「ファンベース」(ファンベースXとファンベースG)というグレード名で加えた。

■5人乗りは安いのか、高いのか?

では新たな加わった2列シート5人乗りのファンベースは、従来からある3列シート7人乗り、3列シート6人乗りと比べてお得なのか、比較してみた。

■2列5人乗りのファンベースの価格
●ファンベースG(HV、5人乗り)=234万360円
●ファンベースG(ガソリン、5人乗り)=198万720円

●ファンベースX(HV、5人乗り)=218万7000円
●ファンベースX(ガソリン、5人乗り)=177万6600円

ラゲッジスペースがゆったりとしている5人乗り仕様

まず、ファンベース5人乗りGと、3列シートのGグレードと比較してみる。3列シートのファンベースGグレードの価格は以下の通り。

●G(HV、7人乗り)=238万320円
●G(ガソリン、7人乗り)=202万680円
●G(ガソリン、6人乗り)=216万2160円

Gグレード同士で比較してみると7人乗りに対して、HV、ガソリン車ともに5人乗りは3万9960円安い。ガソリン車の6人乗りに対して、5人乗りガソリン車は18万1440円安い。

大の大人が座るのには少々狭いが子供やいざという時に使える3列7人乗り仕様も侮れない

続いて3列シート、Xグレードの価格は以下の通り。

●X(HV、7人乗り)=222万6960円
●X(ガソリン、7人乗り)=181万6560円
●X(ガソリン、6人乗り)=195万8040円

Xグレード同士の比較でもGグレードと同様、5人乗りは7人乗りに対して3万9960円安く、6人乗りに対して18万1440円安い。6人乗りは独立したキャプテンシートではないものの、シート中央のアンダートレイやアームレストが付いており、中央席のヘッドレストがない分、後方視界がいい。

7人乗り仕様に対して5人乗り仕様は、ハイデッキ、ローデッキに切り替えられるラゲッジボードや大型ラゲッジアンダートレイ、ユーティリティホールが装備されるものの、正直3万9960円しか安くなっていないというのは拍子抜けしてしまった。

ラゲッジのデッキサイド両側にある9個のユーリティホールによって、装着オプションのフックやシステムバーと組み合わせることでさまざまな荷室の使い方ができる

2列目を倒すことでフラットな荷室を拡大できる。最大の荷室長は2065mmとされ、後席の左右を両方ともに倒した状態であれば、26インチのマウンテンバイクを2台搭載でき、車中泊にも対応できる。  2列シートのファンベースでは、デッキボードも使いやすい。ボードを反転させることで、ローデッキ(荷室の床面地上高は530mm)とハイデッキ(610mm)に切り換えられる。 ローデッキでは荷室高が1070mmに達して、背の高い荷物も積みやすい。ハイデッキでは、荷室の床面がフラットになり、長い荷物を積んだり車内で宿泊する時に便利だ

次ページは : ■セーフティセンスが改良されたのも大きなポイント

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ