「今年の1台」は? 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023 ノミネートの顔ぶれ

「今年の1台」は? 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023 ノミネートの顔ぶれ

 今年も「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の季節がやってきた。「2021年11月1日から2022年10月31日までに発表または発売された日本車、輸入車の乗用車」という条件のもと、48車がノミネート。

「大賞」にあたるイヤーカーならびに各部門賞は、2022年12月8日(木)。ここでは、60名の選考委員による第一次選考の結果選出された「10ベストカー」(※10位が同ポイントだったため今年は11車種が選出)の顔ぶれを見てみよう!

※本稿は2022年11月のものです。日産 サクラ/三菱 eKクロスEV、ホンダ シビックe:HEV/タイプRは同一エントリーとなります。
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

【画像ギャラリー】日産から3車種がノミネート! 「10ベストカー」入りの11台をギャラリーでチェック!!!(25枚)画像ギャラリー

■BMW iX(2021年11月4日発売)

 BMWの高級EVで「i」の名前のとおりカーボンを多用するなどチャレンジングなコンセプト。ガソリンエンジンモデルに匹敵する航続距離も大きな魅力。

BMW iX(2021年11月4日発売)
BMW iX(2021年11月4日発売)

■スズキ アルト(2021年12月10日発表)

 先代からキープコンセプトのデザインで登場。ベーシック軽というキャラは不変ながら、マイルドハイブリッドの設定などトータルの質感は大幅にアップ!

スズキ アルト(2021年12月10日発表)
スズキ アルト(2021年12月10日発表)

■日産 フェアレディZ(2022年1月14日発表)

 型式はZ34のままながらほとんどのパーツが新設計。デザインも過去をオマージュ。405psという大パワーFRに世界が仰天!

日産 フェアレディZ(2022年1月14日発表)
日産 フェアレディZ(2022年1月14日発表)

■ヒョンデ IONIQ 5(2022年2月8日発表)

 ヒョンデのミドルクラスSUVのEVでコンセプトカーのようなデザインが目を引く。動力性能、航続距離も日本メーカーを震撼させるレベルにある。

ヒョンデ IONIQ 5(2022年2月8日発表)
ヒョンデ IONIQ 5(2022年2月8日発表)

■ランドローバー レンジローバー(2022年2月24日発表)

 高級SUVの代名詞であるレンジローバーがため息の出るような美しいデザインを纏って登場。優雅さここに極まれり。1600万円超ながら販売絶好調!

ランドローバー レンジローバー(2022年2月24日発表)
ランドローバー レンジローバー(2022年2月24日発表)

■ルノー アルカナ(2022年2月24日発表)

 クーペルックが美しくスポーティなSUV。特筆は現在輸入車唯一のストロングハイブリッドのE-TECHで、燃費のよさに加えて走りがすこぶる楽しい!

ルノー アルカナ(2022年2月24日発表)
ルノー アルカナ(2022年2月24日発表)

次ページは : ■日産 サクラ/三菱 eKクロスEV(2022年5月20日発表)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ