マツダ6が20周年記念車で劇的進化!! 商品改良でまさかの出力向上!?

マツダ6が20周年記念車で劇的進化!! 商品改良でまさかの出力向上!?

 2022年12月9日、マツダは、フラッグシップモデル「MAZDA6(以下、マツダ6)」の商品改良と、初代アテンザ/マツダ6の誕生20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th Anniversary Edition」を発表。発売は、12月下旬を予定しているという。

 本稿では、今回発表されたマツダ6の改良モデルと20周年記念特別仕様車について、くわしく見ていこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】流麗な「マツダ6」20周年特別仕様車&新機種「Sports Appearance」をチェックする(15枚)画像ギャラリー

■マツダ6 20周年記念特別仕様車登場!!

2002年に登場した初代アテンザ(全長4675×全幅1780×全高1430mm)
2002年に登場した初代アテンザ(全長4675×全幅1780×全高1430mm)

 2002年5月に初代アテンザが、マツダのブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を象徴し、ブランドDNAを100%体現するフラッグシップモデルとして誕生。

 2019年に車名をアテンザからマツダ6へ変更となった。初代アテンザ誕生から、20年経過した2022年、マツダ6の商品改良と20周年記念の特別仕様車が発表された。

 今回の商品改良では、「SKYACTIV-D 2.2」のエンジン出力とトルクを向上させ、高回転域までの力強くした。最高出力は200ps、最大トルクは450Nmまであげた。

 さらにアクセルペダルの踏力とステアリングのアシスト特性の向上により、走りのコントロール性能を高めた。

 また、運転支援機能として、新たに「クルージング&トラフィック・サポート」を採用。これにより、追従走行とステアリングアシストにより渋滞時や長時間運転などの運転疲労軽減のサポートが可能となった。さらに、ワイヤレス充電とApple CarPlay対応のワイヤレス接続機能を採用した。

 ボディカラーに新色が登場。「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」と「プラチナクォーツメタリック」が追加された。「L Package」のインテリアに、ブラックナッパレザーを新たに設定。

初代アテンザ/マツダ6の発売20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」
初代アテンザ/マツダ6の発売20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」

 そして、今回発表された20周年記念モデルは「MAZDA6 20th Anniversary Edition」は、20年の歴史を重ねた熟成の走り、風格を感じるスタイリングや、優雅さを表現したインテリアを織り込んだ特別仕様になっている。ベースとなっているグレードは、「XD L Package」とのことだ。

 エクステリアには、20周年アニバーサリー専用オーナメント仕様のフロントフェンダーバッジ、シルバー塗装のフロントグリルや、高輝度塗装の19インチのアルミホイールが採用された。特別装備として、電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機能付)が用意された。

 20周年記念専用エンボス加工されたフロントシートヘッドレストなどのレガーヌを採用したインテリア内装も魅力的だ。

 そして、ボディカラーには、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による特別塗装色第4弾となる新色「アーティザンレッドプレミアムメタリック(7万7000円)」をこのモデルの専用色として、国内で初採用した。

 このボディカラーの特長としては、ハイライト部でのきめ細かさと透明感のある赤が色鮮やかに光ることと、基調となるシェード部ではしっかりとした深みと濃厚さを演出することが挙げられる。

 また、マツダ独自の塗装技術による特別塗装色第3弾の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック(5万5000円)」も選択することが可能だ。しかし、この2色からしかボディカラーを選ぶことができない。

 車体価格は、2WDで442万2000円、4WDで466万2900円からのスタートとなっている。特別塗装のボディカラーなどのオプション代金が別途につく。

次ページは : ■マツダ6に新機種「Sports Appearance」が追加

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します