『ベストカープラス 31号』 全国書店にて発売中!!


bcplus_title02

(※ベストカープラス31号は17日発売になります。)

今回のBCプラス全力特集1990年代の日本車大特集

 今号のメイン特集は、「1990年代の日本車 挑戦と挫折の10年史」です。

 1990年前後、日本はバブル絶頂期を迎え、日本車の品質は飛躍的に向上しました。そして、潤沢な開発費の元、多種多様なクルマが誕生したのもこの90年代です。

 バブル崩壊後、イケイケだった日本車の方針は転換され、挫折と模索が続きました。今回のベストカープラスでは、国産スポーツを中心に、国産車の90年代をじっくりと振り返ることにします。

1990’s J-SPORTS回想録

 90年代特集の第1部は、もちろんJ-SPORTSです。80年代の熱気をそのまま受け、国産スポーツカーには、キラ星のごとく、さまざまなスター性を持ったクルマが誕生しました。なかでも、当時のクルマファンを虜にしたクルマたちについて、特集します。

  • ・レジェンド黒澤元治が語る、NSX誕生と進化の物語
  • ・R32からR34まで、GT-Rは’90年代が一番熱い!!
  • ・ビッグトルク&グラマスボディ、GTOこそ’90年代の象徴だ!
  • ・初代シビックタイプRはコンパクトスポーツの理想形!
  • ・ホンダ29年ぶりのFR、S2000が目指した世界・運転の達人、山野哲也が唱える80スポーツ最高説
  • ・4輪の零戦、FD3S RX-7にJスポーツの真髄をみた!
  • ・挫折もまた美しい、SVX&ユーノスコスモの美学
  • ・ランエボ&インプSTI ’90年代の対決全史

次ページは : ’90年代特集 第2部

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ