ホンダシャトル 新型へチェンジ!!! 春の特別仕様車・限定車・追加グレード総ざらえ!!


 2019年3月に発表され、つい先日、4月20日には先行一般公開が実施されたホンダのステーションワゴン シャトル。

 2017年9月の一部改良以来となった今回のマイナーチェンジの様子に加え、ボルボ V60クロスカントリー・XC90・XC40、アウディ A6、BMW MINIクロスオーバーなどの特別仕様車、フルモデルチェンジ、追加グレード等を紹介してゆく。

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■ホンダシャトル、スポーティに変身!!!(マイナーチェンジ・5月10日)

 マイナーチェンジが実施されたホンダ 新型シャトルが5月10日に登場! その内外装が公開されたのでお伝えしたい。

 今回はエクステリアはあまり変わらずに、内外装の変更が主ということで、写真を見ていただくのがイチバンわかりやすいだろう。

 フロントマスクはバンパー下部の形状が変更されており、リアではコンビランプがガーニッシュ部までスッと延びてワイド感を強調している。

現行型ではエアコン吹き出し口やダッシュパネル、ドアトリムの化粧パネル部などにメッキ加飾があるのだが、マイチェンモデルではそれらが廃されてブラック基調となった内装
最上級グレードで本革シートをオプションで選べるようになった。ファブリックシートはシート表皮のデザインが変更されている
リアシートには現行型でもセンターアームレストが装備されるが、カップホルダーが新設された

 内装は、あえてヒカリモノを廃したことでブラック基調の落ち着いたスポーティな雰囲気が強調されたインテリア空間となっているのがポイントだ。

 ACC、LKAS、衝突軽減ブレーキを始めとした安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備。また、シートアレンジを始めとしたフィットベースのフラットフロアの使い勝手はもちろんこれまでどおり。

 内装の質感・が変わったことで、販売への一層のテコ入れなるか。

リアではコンビランプの形状が一新されている

現行型では7色だったボディカラーだが、今回右端の「ブリティッシュグリーンパール」が追加され全8色となった

〈シャトルハイブリッド Xホンダセンシング主要諸元〉
全長:4400mm
全幅:1695mm
全高:1545mm
ホイールベース:2530mm
車両重量:1220kg
エンジン:直列4気筒 DOHC+モーター
総排気量:1496cc
最高出力:110ps/6000rpm
最大トルク:13.7kgm/5000rpm
モーター出力/トルク:29.5ps/16.3kgm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:FF
サスペンション:ストラット/リジッドアクスル
タイヤサイズ:185/60R15
JC08モード燃費:32.4km/L
価格:180万~265万円
※スペック、価格は予想

■ボルボ V60クロスカントリー(フルモデルチェンジ・3月1日予約開始)

 2018年の9月にフルモデルチェンジされたボルボV60をベースとしたV60クロスカントリーが予約開始された。発表・発売は4月。

ボルボ V60クロスカントリー

 悪路走破性を高めるために、V60から最低地上高を65mm高めて210mmとし、専用のサスペンションを採用してオフロード性能を強化した。また、クロスカントリー専用のSUVライクなエクステリアとなっている。

リアの画像

 グレード体系はモメンタムに相当する「クロスカントリー」と、サマムに変わる「クロスカントリープロ」の2グレードを用意。搭載されるエンジンは、2L直列4気筒ガソリンターボで、スペックは254ps/35.7kgm。これに、8速ATと電子制御AWDが組み合わされる。

 先進安全・運転支援機能としては、対向車対応機能が加わった衝突回避・被害軽減ブレーキシステムのほか、「全車速追従機能付ACC」「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」など16種類以上の機能を詰め込んだ「インテリセーフ」を標準装備する。

●価格:549万円~

次ページは : ■ボルボ XC90(グレード追加・3月1日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ