【トヨタ86、レクサス…】売れてないけど地道に改良!! テコ入れ車の評価 5選

 車としての商品力維持や性能アップに欠かせないのが、マイナーチェンジなどの改良や特別仕様車などの設定だ。

 こうしたテコ入れは、販売回復やライバルへの対策という意味でも大きな意味を持つ。

 そこで、直近でテコ入れを実施した注目モデルと、その評価を解説。とかく販売がいま一歩に留まる車は、優先度や費用対効果の関係でなかなかテコ入れできないもの。そうしたなかで、この5台はひたむきに進化を遂げているモデルともいえる。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、HONDA、TOYOTA
ベストカー 2019年6月10日号


86は「走りと乗り心地を確実に向上」

トヨタ 86(2019年2月:特別仕様車追加など)/2019年4月販売台数:424台

 86は2012年の発売だから、すでに7年を経過しており、数回の改良を受けた。2014年には足回りの伸縮性を強め、2016年にはリアピラーのスポット溶接箇所を増やしてボディ剛性を高めた。2Lエンジンの動力性能も向上させている。

 2017年にはステアリングを操舵した時の反応を正確にした。2018年にはGRスポーツが用意され、直近では2019年2月にも特別仕様車を追加した。

◆テコ入れの評価は?

 86はスポーツカーだから今は販売が低調だ。1カ月の登録台数は300台前後だが、改良の効果は大きい。発売当初の運転感覚が粗削りだったこともあり、走行安定性と乗り心地を数回の改良で着実に向上させている。エンジンの実用トルクも向上した。

 86を何台も乗り継ぐ熱心なユーザーが86を育てたといえるだろう。スポーツカーのあるべき姿だ。

アテンザは「モデルチェンジ級の進化」

マツダ アテンザ(2018年5月:大幅改良)/2019年4月販売台数:333台 ※セダン、ワゴン計

 現行アテンザの発売は2012年だ。この年には先代CX-5も発売され、2016年末にフルモデルチェンジされて2代目の現行型になった。

 つまり、アテンザは古い状態で据え置かれたが、2018年に規模の大きなマイナーチェンジを行っている。改良は多岐にわたり、ボディの底面に位置する骨格と足回りの設定を見直しタイヤは新開発された。クリーンディーゼルターボもCX-8と同じタイプになった。

◆テコ入れの評価は?

 フルモデルチェンジでも、タイヤは先代型から流用するケースがある。

 しかし、アテンザの大幅改良ではメカニズムからタイヤまで刷新したから、安定性と乗り心地はフルモデルチェンジと同等に進化している。ディーゼルも実用回転域の走りが力強くなって吹け上がりも鋭くなり、ノイズと振動も抑えた。

 インパネのデザインまで変える渾身の改良であった。

S660は「スポーツカーならではの姿勢が光る着実な改良」

ホンダ S660(2018年12月:特別仕様車追加)/2019年4月販売台数:295台

 追加された特別仕様車のトラッドレザーエディションは、落ち着いた雰囲気が魅力だ。外装色のメインカラーはブリティッシュグリーンで、ブラウンのソフトトップとブラックのアルミホイールが装着される。

 車内にはスポーツレザーシートが備わり、専用色のライトタン&ブラックに仕上げた。

◆テコ入れの評価は?

 ブリティッシュグリーンのボディとブラウンのソフトトップ、タンの内装という組み合わせは、スポーツカーの定番だ。「お決まりのコース」ではあるが、普遍的な魅力も感じさせる。やはり欲しくなってしまうのだ。

 S660の2018年(暦年)の販売台数は3003台だから、月販平均なら250台程度。N-BOXの1%という販売台数だが、特別仕様車も設定して大切に売っている。

 スポーツカーにはこういう姿勢が不可欠だ。

レクサス CTは「改良もやはり古さが目立つ」

レクサス CT(2018年8月:特別仕様車追加など)/2019年4月販売台数:208台

 CTの発売は2011年で、今まで数回の改良を受けた。

 特に2014年は、フロントマスクを今のレクサス車に共通するスピンドルグリルに改めた。

 2017年には歩行者を検知できる緊急自動ブレーキを採用して、2018年には2トーン外装色の特別仕様車も用意した。この仕様のベースは「バージョンC」だが、足回りは「Fスポーツ」と同様で走行性能を高めた。

◆テコ入れの評価は?

 定期的に改良や特別仕様車の設定を行うが、発売から8年を経るとプラットフォームを含めて古さが目立つ。フルモデルチェンジすべきだ。

グレイス「モノは良いがテコ入れとしては弱い」

ホンダ グレイス(2017年7月:マイナーチェンジ)/2019年4月販売台数:358台

 2017年7月には、1.5Lエンジンをベースにしたハイブリッドを改良して、LXやDXのJC08モード燃費を34.8km/Lに向上させた。インラインタイプのLEDヘッドランプも採用して、フロントマスクの質感を高めた。

◆テコ入れの評価は?

 改めて運転すると、グレイスは乗り心地や走行安定性が優れている。それにコンパクトな5ナンバーセダンなのに、空間効率が高いから、後席はミドルサイズセダンと同等かそれ以上に広い。

 グレイスは優れたセダンだが、テコ入れとしては少々弱い。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ