200万円台でベンツBMW買うならどれ!? いま「買い」のオススメ輸入車 5選


「輸入車は価格高め」。クルマ好きならずとも、なんとなくイメージできることかもしれない。

 でも、中古車なら憧れのあのクルマに、しかも200万台でも手が届くかもしれない!? ということで、安くて日々の足としても申し分のないオススメ輸入車5台をピックアップ(一部新車も含む!)。

 選んでもらったのは、現在はBMW330e、ボルボXC60、スバル360など7台を所有し、これまでの車歴は70台を超える自動車ジャーナリストの国沢光宏氏だ。

新古車ってなんだ? という方はこちらの記事をご参照ください!)

※本稿は2019年5月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■メルセデス ベンツ CLA

「とりあえず乗ってみたい輸入車」といえば、ベンツとBMWが2トップだと思う。ということでベンツからいきましょう。お薦めは圧倒的に「新古車」(最近は「登録済み新車」と呼ばれる)。

CLAの新車価格は400万円オーバーだが、ディーラー使用だけで数千km走行の新古車なら280万~300万円程度で出回っている

 特にベンツの場合、在庫整理のため新古車の発生多く、しかもお買い得。もちろん新車の値引きだって大きいのだけれど、今回「200万円台の新車か新古車」ということなので、必然的に新古車になります。

 ベンツにもBMWにもいえるコトながら、濃い味を持っているのは後輪駆動車。クルマ通じゃなければCLAというチョイスも悪くないけれど、できればCクラスをプッシュしておく。

 自動ブレーキに代表される安全デバイスだって後輪駆動のほうが高い性能を持つし。

 とはいえ、200万円台であればCLAの新古車となる。

 ベンツなら何でもいいというなら面白いチョイスかと。

■BMW 118d

人気のディーゼルターボ搭載の118d。新車で300万円台中盤のモデルが、新古車なら290万円程度で探せる

 BMWは3シリーズがフルモデルチェンジしたため、200万円台だと先代型になってしまう。ということから、118dなどいかがだろうか。シャシーは旧世代の3シリーズであり、BMWの味を持っている。燃費もよく、毎日の足として使うのも悪くない。

 ただ室内が少しばかり狭い。後輪駆動にこだわらなければ広いキャビン持つ218dなんかいかがでしょう。

次ページは : ■ルノーカングー

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ