【絶滅寸前でもまだ現役??】いまもシガーライターを装備する車と切実な事情


 シガーライターといえば、車内で喫煙する際、ライター代わりにタバコへ火を点ける装備。

 タバコのイラストが描いてあるボタンを押して、十数秒経つと、ポコッという音がして取り出し、赤く光っているうちにタバコに火を点けるというアレだ。

 しかし、今はタバコを吸う人も減ったことで標準装備しているモデルも少なくなった。

 そのうえ、灰皿さえもオプション扱いとなっている車両がほとんど。そんなシガーライターだが、実は標準装備しているクルマもまだあるのだ。

 しかし、なぜ、これだけ電子化が進んだ今、こんな旧態依然としたシガライターが生き残っているのか、ほんとに不思議だ。

 というわけで、国産メーカーで標準装備している車両はもちろん、販売店で装着する装備(ディーラーオプション)まで徹底調査!
※掲載しているデータは2019年5月時点のものです。

文/野里卓也
写真/ベストカーWEB編集部 トヨタ 日産 ホンダ スバル 三菱 


トヨタ/乗用車系でのシガーライターの標準装備車はなし!

アルファード S”
A” パッケージ“ にオプション設定されている灰皿(フロント・照明付)&シガーライターはセットで4320円。トヨタ純正シガーライター単体の価格は車種にもよるが約2000~約4000円

●トヨタ 
■標準装備
・トヨエースカーゴ/トヨエースダンプ/トヨエースルートバン
・ダイナカーゴ/ダイナルートバン/ダイナダンプ
・タウンエーストラック/タウンエースバン
・ライトエーストラック/ライトエースバン      

▲ディーラーオプション設定
・86
・エスクァイア/ヴォクシー/ノア
・アルファード/ヴェルファイア
・ヴィッツ
・ピクシスバン/ピクシストラック

 この企画を始める前にひと言、言わせてください。国産自動車メーカー広報部さんの絶大な協力を得て調査することができました。この場を借りて御礼申し上げます。

 ではさっそく、いまだにシガーライターを標準装備しているクルマを紹介していきましょう。

現行ハイエースはシガーライターは装備されていないが、アクセサリーソケット、灰皿を装備している
プロボックス&サクシードには、左側がアクセサリーコンセント(AC100V・100W:オプション)と右側のアクセサリーソケット(DC12V・120W) が付いている

 トヨタは、乗用車系での標準装備車は設定しておらず、商用車系のみシガーライターを標準装備。

 なお、ビジネスユーザーご用達のハイエースは過去モデルだと標準装備していたが、現行(5型)モデルはアクセサリーソケットのみ。ただし灰皿はキチンとある。

 レクサスについてはディーラーオプションでさえもシガーライターは設定しておらず、灰皿のみがディーラーオプションで用意している。

 また、面白いことに、GSシリーズはリアドアポケットへの灰皿はメーカーオプションで対応しているのだ。

 ところで、トヨタ以外のメーカーもそうだが、灰皿は従来の引き出して使う四角いタイプやドアトリムに収納する小型のモノではなく、カップホルダーに収まるサイズの灰皿がほとんど。

 この灰皿の変遷や最近のトレンドについては近いうちに別の機会にて紹介するつもりだ。

日産/国産メーカーで唯一、セダンを中心にシガーライターを標準装備

現行スカイラインはシガーライターと灰皿を標準装備

●日産 
■標準装備
・スカイライン
・シルフィ
・シーマ
・NV200バネット

▲ディーラーオプション設定
・ジューク/ジュークニスモ 
・マーチ 
・キューブ
・NV100クリッパー リオ/NV100クリッパー

  日産は 国産メーカーで唯一、セダンを中心にシガーライターを標準装備している。

 これはモデルライフが長いためと思われる。また、ビジネス用途で人気のNV350キャラバンもハイエース同様、灰皿はあるもののアクセサリーソケットのみの装備となる。

 ところで今はシガーライターではなくアクセサリーソケットが主流だが、それは12V電源を供給するだけのもの。

 シガーライターもアクセサリーソケットも似たような構造で、詳しく言うと長くなるので割愛するが、なぜ電源を供給するだけかというと、それを必要とするアクセサリーが多いからだろう。

 実際、クルマに標準で付く用品であるパンク修理キットのエアコンプレッサーは電源をアクセサリーソケットから取るようになっている。

 たいていのコンプレッサーは消費電力も大きく、120~150Wという容量が設定されているのだ。

 でも、気をつけたいのはアクセサリーソケットのカバーを見ると、タバコマークに斜線を引いたマークが付いていることもある。

 つまりシガーライターとしては機能しないし、シガーライターを無理に入れると加熱して周りが溶けて危険なのでやらないようにという意味なのでご注意を。

次ページは : ホンダ/アクティトラックのみ標準設定!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ