マツダが『This is Mazda Design. CAR as ART』を展開中!

 マツダは東京ミッドタウンで開催されている『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015』に出展し、『This is Mazda Design. CAR as ART』を展開。開催期間は10月16日(金)〜25日(日)の10日間。

 クルマのデザインに並々ならぬこだわりを見せるマツダは、12年2月にデビューしたCX-5以来、新たなデザインコンセプトである〝魂動(こどう)〟デザインを採用。

 アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスターも鼓動デザインを採用し、国内外から高い評価を受けている。

 参考までに記しておくと、マツダMX-5(日本名ロードスター)、マツダCX-3、マツダ2(日本名デミオ)が世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつである『レッド・ドット・プロダクトデザイン2015』(ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する約60年の歴史を持つ工業デザインに関するデザイン賞)を受賞、

 特にMX-5は特に優れている工業製品に贈られる〝ベスト・オブ・ザ・ベスト〟に選出されたのだ。

 話を『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015』に戻すと、マツダは鼓動デザインが盛り込まれた2台の最新作、CX-3とロードスターの2台を展示すると同時に、4つのアート作品を展示している。

 『Bike by KODO concept』と『Sofa byKODO concept』は今年4月にイタリア・ミラノで開催された「ミラノデザインウィーク2015」に出展し好評を博した作品で、日本では『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015』が初のお披露目の場として選ばれた。

 『Bike by KODO concept』と『Sofa byKODO concept』の2作品はマツダが独自にデザインしたもので、マツダデザイン部に所属する〝匠〟の発想、技術盛り込まれているワンオフモデルだ。

 それから残る2つ、『魂銅器』は玉川堂作の鎚起銅器、『白糸』は金城一国斎作の卵殻彫漆箱という、マツダのデザインテーマの〝魂動〟に共感して創作された日本の伝統工芸作品となっている。

☆『Bike by KODO concept』

151009a

 自転車本等の美しさを追求したトラックレーサー。マツダロードスターと同じくシンプルで艶やかなフレームは、マツダの職人が1舞の鉄板からたたき出し、丁寧に成型されロードスターと同じ意匠の赤色ステッチを施した手縫いの黒革サドルを採用

→(実際に見てBCの感想)

 とにかく前後フォークの繊細なラインが美しい。細く仕上げているのだが見る角度によっては力強さ、シャープさも感じさせる。フォークをジックリ見ていると日本刀に通じる詫び寂びもある。ドロップハンドルハンドルの上部をフラットにするなど非常にこだわっているのがわかる。

 ロードスターのステッチと共通するデザインのサドルは、皮の下に入れられたスポンジの量、反発係数にまでこだわったと言うだけありデザインは非常にシンプルであるにもかかわらず高質感と人間のお尻に限りなくフィットするような優しさの両面を持っている。市販予定はないというが、実物を見ると尋常じゃない美しさに感嘆すること請け合い

☆『Sofa byKODO concept』

151009ac

 マツダのデザイナーとイタリアの家具職人の共同開発作業によって生まれたアートワーク。マツダ車に共通する近い強いスタンスを表現しながら、cx-3に特長的な研ぎ澄まされ、凛とした造形を持つソファ

→(実際に見てBCの感想)

 これ絶対に欲しい、というのがひと目見た第一印象。革の張り具合、アルミフレームの鈍い輝きなどが人間の感性を刺激する。ソファの前にテーブルが置かれているのだが、これはCX-3のフロントグリルをモチーフにしたという一品で、ソファとセットで絶対的な存在感を放っている。

 現状では市販の予定はないというが、このソファを製作するにあたり型を起こしているというから、市販の可能性はゼロではない。市販に期待したいところ。バイクがデザインを追求したものに対し、コチラのソファは機能美を感じさせる

☆『魂銅器(こどうき)』(玉川堂作 鎚起銅器)

151009ab

 玉川堂が長年培った創作精神と魂動哲学が限りなく近いものと受け止め、堂の塊を数人がかりで叩きに叩いて分厚い銅板に打ち延ばすという、堂の板材がなかった時代の技術を実現。独特の着色技法と鎚目のパターンがダイナミックな美を完成させている

→(実際に見てBCの感想)

 鎚により叩かれて成型されたその手法が、作品の力強さ、躍動感をうまく演出している。繊細さよりも大胆さ、この世に同じものがふたつとして存在しない希少性も心くすぐられる。写真ではその美しさ、力強さが伝わりにくいので実物を見てその存在感に圧倒されること請け合いだ

☆『白糸』(金城一国斎作 卵殻彫漆箱)

 金城一国斎が魂動に感銘を受けて作成したのが『白糸の滝』を表現した彫漆箱。外箱の漆上に細かく砕かれた卵の殻をひとつずつ丁寧に貼り、その上に漆を塗り重ねてから表面を研ぎ出し卵殻の模様を再び浮かび現わす彫漆技法を採用。精緻なディテールによる凛とした雰囲気に仕上げられた漆の艶やかさを表現している

→(実際に見てBCの感想)

 卵の殻がどのように使われているのか、写真ではわかりにくかったが、実物を見てビックリ! 水が白糸状に流れるのをイメージした白い線が細かい卵の殻で描かれている。なによりも見る角度により模様が変化して幻惑するのが凄い。漆の持つ艶は日本人の琴線を刺激することを改めて実感。深い青に緑が混ぜられたような独特の色彩も印象的

カギを握る2人の匠

IMG_1910
川野 穣 デザイン本部デザインモデリングスタジオ ハードモデルグループスペシャリスト
IMG_1900
川野さんの愛用工具。これらを使って繊細なラインのバイクを作り上げた
IMG_1897
藤木 修 デザイン本部デザインモデリングスタジオ ハードモデルグループスペシャリスト
IMG_1892
トライアンドエラーの繰り返しを経て、最終仕様が決定。藤木氏は革のすべてを知り尽くしている   ■This is Mazda Design. CAR as ART概要

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ