ハイエースをベースとしたキャンパーの魅力に迫る!


ワンタッチで屋根裏の快適空間が出現最新バンキャンパーの便利機能にせまる

 いまや日本人は年中レジャーに勤しんでいるが、最も気持ちのいい季節と言えば秋。ちょっとまとまった休みをとって山や海に自然とふれあいにいくという人も多いはず。

   そんな人にピッタリなのが今回紹介するトヨタハイエースをベースにしたバンキャンパー。欧米の豪勢なキャンピングカーは魅力的だけど国内の道路状況には厳しいし、さらにトラブル時の修理を考えるとどうしても国産が好ましい……、そんなユーザーから圧倒的な人気を誇るキャンピングカーのカテゴリーだ。


1台に便利な機能が満載!

  そんな大人気のハイエースベースのバンキャンパーのなかでいま注目の1台が、(株)ホワイトハウスから7月4日にデビューした「PRECIOUS」(プレシャス)。最大の特徴は【オートポップアップルーフ】だ。

 ポップアップルーフとは仮眠時に屋根部分を大きく展開して、屋根裏部屋のような感覚で室内を広く有効に使うことができる、バンキャンパーでは定番の装備。またベッドを設置することで大人ふたりが寝ることもできる。ベッドサイズは1880×1280㎜。子どもふたりはルーフのベッドで、両親は車内の大きなベッド(2200×1100㎜)でという使い分けもできそう。

  普通のポップアップルーフは日本に無数にあるので「珍」ではないが、この「PRECIOUS」の最大のセールスポイントはポップアップルーフが電動油圧式の自動開閉タイプという点だ。過去にマツダのボンゴフレンディに「オートフリートップ」なる自動開閉ルーフトップがあったが、「PRECIOUS」の操作はタッチパネルを「ピッ」とするだけで済んでしまう21世紀らしい製品だ。

A_06
A_04
A_05

次ページは :   細かいところに手が届く!