新型カローラ、初3ナンバー&約50万円値上げ!! もう日本のカローラじゃない???


 2019年9月17日にフルモデルチェンジする新型カローラ(セダン、ツーリング)の先行予約が2019年7月末からスタートしている。

 しかし、公式には価格やグレード体系、ボディサイズ、搭載エンジンはまだ明らかにされていない。

 そこで、新車販売の現場に精通する流通ジャーナリスト・遠藤徹氏が、首都圏のディーラーを徹底取材。新型カローラの今わかっているすべての情報を明らかにする!

文/遠藤 徹
写真/ベストカーWEB編集部


グレード体系と価格が判明!

現在、公開されている新型カローラのティザーサイト。写真は海外仕様のもので日本仕様ではない

 2019年7月末から新型カローラの先行予約が開始されたが、まだ日本仕様の写真は明らかにはされておらず、予約に際し、販売店で使っている先行予約用のパンフレットに掲載されている写真もすでに発表されているグローバルモデルだ。

 まずは今回明らかになったグレード体系と価格を紹介していこう。

 車名はこれまでセダンが「アクシオ」、ワゴンが「フィールダー」の名称だったが、それぞれ「セダン」、「ツーリング」に変更する。

 グレード構成は最上級のWXB、中間のS、ベーシックのGXの3タイプあり、それぞれ3つのパワーユニット、2WD、4WD、トランスミッションとの組み合わせでセダン、ツーリングとも10タイプずつ、合計20タイプのワイドバリエーションとなる。

 ボディカラーはWXBが専用3色でスパークリングブラックパールクリスタルシャイン、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ。うちスパークリングブラックパールクリスタルシャインとホワイトパールクリスタルシャインが有料。

 SとGXは同じでセレスタクトグレーメタリック、スカーレットメタリック、ダークブルーマイカメタリック、スーパーホワイト、シルバーメタリックにWXBのホワイトパールクリスタルシャインとブラックメタリックを加えた7色のラインアップ。うちスカーレットメタリックが有料色。

価格はセダンで約41万~約53万円の大幅アップ!

 車両本体価格は2019年10月1日にアップする消費税10%を含む価格で、セダンが193万6000~275万円、ツーリングは201万3000~279万9500円。

 従来モデルに比べるとセダンは40万9960~53万600円、ツーリングは26万2580~35万6280円の大幅アップとなる。

 思わずのけ反ってしまうほどの値上げは、3ナンバー化、1.8Lハイブリッド、同4WD車の設定、安全対策強化、消費税引き上げなどのコストアップ要因によるもの。

 従来モデルはベーシックグレードが法人向けに1年程度継続販売される。その他のグレードはほぼ売り尽くし在庫がない販社が多くなっている。新型車のグレード別消費税込み(10%)の車両本体価格は以下の通り。

■新型カローラの価格(消費税10%込み)
セダン1.8GX=193万6000円、セダン1.8S=213万9500円、セダンWXB=231万5500円。
ツーリング1.8GX=197万6400円、ツーリング1.8S=217万6200円、ツーリングWXB=232万2000円
セダン1.2ターボ(6MT)=240万9000円
ツーリング1.2ターボ=245万8500円

セダン1.8HV・GX=235万9800円、セダン1.8HV・S=252万7200円、セダンWXB=270万円
ツーリング1.8HV GX=243万5400円、ツーリング1.8HV S=260万2800円、ツーリング1.8HV WXB=274万8600円
セダンGX=260万1500円、セダンS=277万2000円、セダンWXB=294万8000円ツーリングGX=267万8500円、ツーリングS=284万9000円、ツーリングWXB=299万7500円

次ページは : 日本仕様は全幅1745mmの専用ナローボディ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ