『頭文字D』伝説のクルママンガ 名勝負列伝02 AE86対シビック(EG6)編


 クルママンガの金字塔『頭文字D』の名勝負を紹介する本企画(第1回はこちら)、第2回となる今回は、異例の特別ルールが採用された、勧善懲悪でスカッとするバトルを紹介しよう(第4巻 第33話「進化する天才!!」〜第37話「そして拓海はまたボケる」より)。
 本記事文末には当該バトルが繰り広げられるシーンの「1話丸ごと掲載(無料)」もあるので、じっくり楽しんでほしい。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3s)編」はこちら

【名勝負 登場車種】

■先行:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→ドライバーは藤原拓海。当初、走り屋的なことに興味がなかったものの、高橋啓介(FD3S型RX-7)と中里毅(R32GT-R)を真っ向勝負で打ち破り、走ることの楽しさを知りはじめてきた。意中のなつき嬢とのデートのためにも愛車を欲しがる純情ティーン。

■後追い:ホンダ・シビック(EG6型)
→ドライバーは庄司慎吾。「妙義ナイトキッズ」内ではエース格の中里毅と張り合う。 “口だけ野郎”かと思いきや、前哨戦となった「秋名スピードスターズ」の池谷(S13型シルビア)とのバトルでは、左足ブレーキを使いこなしてブッちぎるほど、FF乗りとしては相当な腕前を誇る。

※同時スタートしたものの、シビックが「見物するため」わざとハチロクの後方へ。慎吾曰く、「B-16A(エンジン)はホンダの最高傑作。本気を出せばスタートダッシュで遅れをとるわけがない!!」だそう。

【バトルまでのあらすじ】

 秋名山のハチロクが群馬エリアの走り屋たちの間ですっかり話題になっていた。妙義ナイトキッズのR32GT-に勝利したことで、その評判はますます高まり、ナイトキッズの残党たちが次々と秋名山へ足を運んでくる。そんななか、「群馬エリアのダウンヒル最速」を自負する庄司慎吾が、“ガムテープデスマッチ”という、危険なルールで拓海に挑むことになる。

次ページは : 【バトル考察】

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ