【はとバス】 振り袖姿のガイド25人がひと足早く成人式

 毎年恒例の「はとバスガイド成人式」が1月6日に行われた。祝日となる「成人の日」は、ガイドの業務が多忙となるため、「はとバス」では毎年独自の成人式を行なっている。今年は25人の新成人が、ひと足早い成人式を迎えた。

 文:WEBベストカー編集部/写真:BUS MAGAZINE編集部


こちら「新成人」でございます

 華やかな振り袖を身にまとった新成人が、ぞくぞくとイエローカラーの「はとバス」の前に整列をはじめる。

 いつもは「はとバス」の制服に身を包み、東京・横浜の新名所を案内するバスガイドたちだ。いずれも今年成人式を迎える入社2年目のガイドたちだが、連休となる成人の日には多忙な業務があり、ふるさとで行われる成人式に出席するのは難しい。

 そこで「はとバス」では毎年、ひと足早く、会社が独自の成人式を行っている。

 今年の成人ガイドは、青森、秋田、山形、福島、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、山梨、兵庫、福岡、佐賀、熊本、宮崎出身の25名。

 長沼静きもの学院の協力により艶やかな晴着姿に変身した彼女らからは「きもの学院の着付けなんて一生に一回。超嬉しい」「地元の友だちや親にも見て欲しい」など嬉しそうな声が上がる一方、

 「後輩を引っ張っていけるようがんばる」「お客様にもっともっと楽しんでもらえるようになりたい」など意気込む声も聞かれた。

 ガイドらはその後、バスに乗って移動し、明治神宮を参拝。続いて港区にある日の出桟橋を巡った。

「お客としてバスや水上バスに乗ると違和感がある」と笑いながらも、ひと足早い成人式を楽しんだガイドたち

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ