【ハイエースに装着可能】BRIDEのシートはスポーツカーだけのものじゃない!?

 ドライバーが運転する際に欠かせないもの。ガソリン、タイヤ、などさまざまあるがシートもそのひとつだ。

 多くのレーシングドライバーに愛され、そして多くのスポーツカーオーナーに愛された、メイド・イン・ジャパンにこだわるシートメーカー、BRIDE(ブリッド)の本社を訪ね、その新しい挑戦となる新製品の魅力に迫った。

 文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人


BRIDEのこだわりとは? 高瀬社長にインタビュー

 シートメーカーと聞けば頭のなかに幾つかブランドが挙がることだろう。ではBRIDEの印象はどうか?

 リクライニングのできるフルバケットシート「GIAS II」や「STRADIA II」などの人気シート、そして「ZETA III」、「VIOS」といった本格的バケットシートをラインアップに並べるメーカーである。

 昨今はスーパーGT、スーパー耐久などのトップカテゴリーでの使用も多く、まさにプロが認めるホールド性、快適性、そして安全性を兼ね備えたブランドだ。

 「BRIDEは長らくスポーツシートの開発を行ってきました。多くの方にご愛用いただきとても嬉しく思います。メイド・イン・ジャパンにこだわり、日本人の体型に合わせたシート作りをしています」

 と高瀬社長は話す。今年はBRIDEが掲げるテーマがあるという。

 「1月には童夢さんとのコラボレーションで究極のレーシングシートである”HYPER”(129万6000円)を開発しました。

 そんなスポーツシートの開発と並行して”シートを変える”ことを多くの方に知ってもらいたいと思っています。シート交換啓蒙ができればと考えています」

 たしかにバケットシートといえばスポーツカーのもの、チューニングカーのもの、というイメージが多い。そんな常識を覆す、快適なシートができたとのことで紹介しよう。

高瀬社長が操るデモカーのBMW3シリーズには同社のプレミアムラインの”edirb”のシートが。ご覧のとおり輸入車セダンにも違和感がなく、高瀬社長はスポーツシートの世界観を広げることに熱心だ

メディカルコンフォートシリーズ「STREAMS」シリーズを展開

 今回目玉になるのが2月1日に発売開始になった「STREAMS」シリーズ。なんとBRIDEの代名詞である首元の「ベルトホール」がない。これはいったいどういうことか? 引き続き高瀬社長に聞いてみた。

 「実は弊社の製品はスポーツカーのみならず乗用車や商用車のオーナーさんにも幅広く愛用されています。

 車種別の販売数でいうと86とハイエースが同率首位といったところで、職人の方々にも愛用されています。純正シートより絶対的に性能は上ですし、快適性は桁違いです」

 そう、実はBRIDEの販売数のかなりの部分をハイエースのオーナーが占めている。通常のクルマに関してもBRIDE製品への交換は快適性などで交換する意義が大きい。

 それをもっと多くの方に広めたいという思いから「STREAMS」シリーズ(定価:10万4760円〜)をリリースしたそう。

 「STREAMS」はエルゴノミクス(人間工学)デザインを追求しており、シートの「面」で身体を支えて疲労感を軽減する。

 「STREAMS CRUZ(定価10万8000円〜)」にはアームレスト(税別価格:7000円)の設定もあり、快適に乗れるシートになっている。今回はスポーツカー以外のクルマとのフィッティングを行ったので写真とともに紹介しよう。

【ハイエース】

「ハイエースにBRIDE?」と思いがちだが、こうみるとすごくかっこいい。アームレストの装着、ショルダー部の干渉の排除などを徹底的にこだわっている

【BMW 320i】

シートカラーもお洒落な輸入車への対応もバッチリ。腰痛予防にも最適なシートヒーターにも対応しており、コンフォート性能も高い

【新型スイフト】

新型スイフトへの対応も完璧。黒ベースのインテリアともマッチングがよく、今後デビューを控えるスイフトスポーツにも最適だ

■カラーは全7色!!

カラーは全7色。定番のグラーデーションロゴを始め、チャコールグレーなどインテリアにこだわった車種への対応も完璧だ

製造現場にも潜入レポート。職人魂がメイドインジャパンを支える

 今回は特別にシートフレームを製造する工場にも取材が許された。驚くことなかれ、BRIDEのシートレールはほぼ手作業で組み立てられる。

 専用の治具を用いてシートレールをフレームと溶接。スライドのスムーズな動きが出るまでハンマーを使いなんども調整される。

 溶接の光景を見ているとかなり緻密だ。車検対応モデルが多くあるBRIDEのシートレールは、その規格への適応、そして何より安全性の確保に重きを置いている。必ず職人の手、そして職人の厳しい目をクリアした製品が市場に並ぶ。

 こうやって製造されたシートレールとシートはモータースポーツでも愛用される耐久性、そして快適性を備えた製品となる。取材担当の感想ではあるがこの溶接作業を見ただけでも、BRIDE製品はバーゲンプライスだと実感した。

車種1台ずつの治具があり、新型車が出るとその都度手作業で採寸を行う
熟練の職人による溶接。熱の入り方などによって製品の信頼性も変わるだけに多くの経験、そして製品への真摯な姿勢が求められる

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ