【パーツ特集】シートはスポーツカーだけのものじゃない!! BRIDEの新しい挑戦に迫る

 

ドライバーが運転する際に欠かせないもの。ガソリン、タイヤ、などさまざまあるがシートもそのひとつだ。多くのレーシングドライバーに愛され、そして多くのスポーツカーオーナーに愛された、メイド・イン・ジャパンにこだわるシートメーカー、BRIDE(ブリッド)の本社を訪ね、その新しい挑戦となる新製品の魅力に迫った。

文:WEBベストカー編集部/写真:塩川雅人

 

 


 

BRIDEのこだわりとは? 高瀬社長にインタビュー

シートメーカーと聞けば頭のなかに幾つかブランドが挙がることだろう。ではBRIDEの印象はどうか?

リクライニングのできるフルバケットシート「GIAS II」や「STRADIA II」などの人気シート、そして「ZETA III」、「VIOS」といった本格的バケットシートをラインアップに並べるメーカーである。昨今はスーパーGT、スーパー耐久などのトップカテゴリーでの使用も多く、まさにプロが認めるホールド性、快適性、そして安全性を兼ね備えたブランドだ。

「BRIDEは長らくスポーツシートの開発を行ってきました。多くの方にご愛用いただきとても嬉しく思います。メイド・イン・ジャパンにこだわり、日本人の体型に合わせたシート作りをしています」と高瀬社長は話す。今年はBRIDEが掲げるテーマがあるという。

「1月には童夢さんとのコラボレーションで究極のレーシングシートである”HYPER”(129万6000円)を開発しました。そんなスポーツシートの開発と並行して”シートを変える”ことを多くの方に知ってもらいたいと思っています。シート交換啓蒙ができればと考えています」

たしかにバケットシートといえばスポーツカーのもの、チューニングカーのもの、というイメージが多い。そんな常識を覆す、快適なシートができたとのことで紹介しよう。

高瀬社長が操るデモカーのBMW3シリーズには同社のプレミアムラインの”edirb”のシートが。ご覧のとおり輸入車セダンにも違和感がなく、高瀬社長はスポーツシートの世界観を広げることに熱心だ

 

次ページ:人間工学に基づいた新ラインアップ

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ