世界一美しい自動車の写真集が1万円で発売!

トヨタ博物館(愛知県長久手市)が2年の歳月をかけて取り組んだ、あまりにも美しい写真集が発売された。とにかくもう美しすぎて見始めると時間がワープする。ただ何も考えずに見ていてもウキウキするのに、じっくり考えるとそこにさまざまな「文脈」が浮かんでくる。そんな「美しくて深い」写真集を紹介したい。何しろ写真集などの重厚な本が大好きな本企画担当、やや熱い解説になっていますのでご注意を。読者プレゼントもあるのでお楽しみください!
文:Web編集部 写真:中里慎一郎、トヨタ博物館提供


車好き、写真好きなら身悶えする写真集

「車を美しく撮影した写真集があったら何時間でも見ていられる」という自動車ファンは数多くいるだろう。かくいう本企画担当者もそのひとり。時間や手間やお金(製作費)がかかっている重厚な写真集を眺めていると、寝食を忘れて見入ってしまう。

そんな本企画担当がこれまで見た写真集の中でも、指折りの逸品が発売された。トヨタ博物館が思いっきり本気で作った写真集『The Museum of MOTION』(※)がそれだ。

何しろ巻頭コメントがトヨタ自動車取締役会長・内山田竹志氏と、取締役社長・豊田章男氏が並んでいる。この時点で完全に本気だとわかる。

※ 本写真集タイトルの「MOTION」は、トヨタ博物館が収蔵車を動態保存していることや、車の動き、車に乗る人、見る人、楽しむ人の心の動き「EMOTION」にもつながる言葉として名付けられているそう。

写真集好きな本企画担当としてはこの写真集のどこから紹介していいか迷うところだが、まず真っ先に伝えておきたいのは「構成の妙」。単にトヨタ博物館の収蔵車を時系列で紹介しているわけではなく、見開きごとにテーマがあって、それに沿った車両が2〜3台組み合わさって撮影されている。

例えば「歴史的1500万台量産車」と題されたページには、フォードモデルT、フォルクスワーゲン38プロトタイプ(レプリカ)(いわゆる「ビートル」)、トヨタカローラKE10型の3台が並ぶ。この、製造メーカーも製造年もエンジン形式もまったく違う3台が「歴史的な量産車」として並ぶと、そこに不思議な共通点が読み取れるようになる。むろん写真集には3台並んだ写真だけでなく、1台1台の特徴をとらえたそれぞれの美しいカットが並ぶ。

トヨタ博物館の収蔵車がそうであるように、トヨタ車以外も数多く掲載されている。この集合写真の手前に写るアスファルトこそが、本写真集の表紙に使われた路面の模様

もうひとつ例をあげるなら、「国産スポーツカーの開花」というページ。こちらはダットサンフェアレディとホンダS500、トヨタスポーツ800 UP15型が並んでいる。1963〜65年に続けて発売されたこの3台が並ぶと、そこに「鈴鹿サーキット1962年完成」、「第1回日本グランプリ1963年開催」という、日本自動車史の大きな「うねり」が見えてくる。そう、この3台から始まった「何か」は、今の多くの国産スポーツカーのなかに脈々と受け継がれているのだ。少なくともそれが実感できるだけの「物語の強さ」が、このワンカットに込められている。

次ページ:さまざまな文脈を楽しめる「深さ」がある写真集

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ