ホイールをレンタルで!? 最新ホイールの質感を徹底チェックできる新サービス


 コロナ禍が続いても不思議なものでクルマのカスタム熱はなかなか冷めない人も多いようだ。でもカー用品店やチューニングショップへの外出も憚られる人もいるはず……。

 購入はオンラインでもできるけど、一番困るのがパーツの質感やデザインがディスプレイだけでは判断できないこと。買ったはいいけど「なんか違う」ではガッカリだ(お財布も寂しくなるし)。

 そんななかウェッズがなんとホイールのレンタルサービスを開始。立体的なホイールのデザイン、そして塗装の質感などをきめ細かくチェックできちゃうぞ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:weds

【画像ギャラリー】想像で買うな!!欲しいホイールがあれば実物を見よ


■18種類のホイールを10日間レンタルできる

スポーツカーからSUVまで網羅するwedsのレンタルサービスは潜在ユーザーの掘り起こしにつながるかもしれない

 wedsといえばサーキット走行も視野にいれた「WedsSport」から、セダン、ミニバンなどのカスタマイズ志向の強いユーザーに向けた「Kranze」など幅広いホイールをラインナップしている。

 特にKranzeなどは開発陣がこだわったデザイン、そして塗装の質感などの高さで人気を博している。しかし前述したようにコロナ禍もあり、ユーザーが実際にお店にいってそのクオリティを確認するチャンスは減っている。

 「せっかく超こだわって開発したホイールをジックリ見て購入してほしい」と思ったであろうメーカー担当者が、あまり類を見ないサービスを開始した。それがホイールレンタルサービスだ。

同じホイールデザインなのにカラーや仕上げの種類で大きく印象が異なる。実物を見ればそれはもっと大きく変わるはずだ

 Kranze Zildawn(6種)、Kranze BAZREIA(2種)、MAVERICK 1307M(3種)、F ZERO FZ-4(2種)、WedsSport TC105X、WedsSport SA-99R(4種)の2021年の新作をメインとした18種類の展開となる。

 特にKranzeはポリッシュ仕上げのみならず、ヘアラインを残した仕上げ、そしてセピアブラックなど実物を目の前で見ないとわからない細かな仕上げが施されているホイール。

 決して安くない買い物なので通販で「イチかバチか」で買うよりも、しっかりと目で見てたしかめたいもの。そんなユーザーの気持ちに寄り添ってくれるサービスのようだ。

WedsSportの製品もレンタルサービスの対象になる。自慢のクルマとのマッチングをあれこれ考えるのも楽しい

■フィッティングはNGなどルールもあるぞ

基本的に販売店にホイールが届きジックリと見ながらカスタムの相談をしていくことになる

 レンタルサービスということで「よし、自宅で自分の愛車に仮フィッティングをしちゃおう」とい考えた人もいるのではないだろうか? しかしあくまでレンタルサービス。傷がつくような作業はNGとなっている。

 また貸出期間は出荷日から10日間で、個人宅への配送ではなく各地の販売協力店への配送となる。お店にいって「これを見てみたい」と伝えてwedsに手配してもらう。

Kranzeなどのホイールはその仕上げの繊細さから画面越しだけでは判断が難しい。対象商品に気になるホイールがあればレンタルしてほしい

 いろいろと制約はあるがもちろん借りたものは元どおりに返却するのは当然のこと。メーカーがここまでするのはやはり自社の技術力をしっかりとみてほしい、購入するユーザー予備軍へのアピールというのが大きい。

 また製品を扱う店舗でも常に最新のホイールサンプルを確保しているケースは多くはない。しかしこのレンタルサービスの存在は顧客が見たいホイールのサンプルが確保されていることにもなり、「そのホイールならサンプルがあるので手配しますね」と言うことができる。

 ユーザーにとっても販売店にとっても嬉しいサービスなのだ。気になる製品がればぜひ探してほしい。wedsホームページからオンライン申し込みが最初のステップだ。

【画像ギャラリー】想像で買うな!!欲しいホイールがあれば実物を見よ