「技術の日産」は名ばかりではない!!日産「世界初」今昔物語

名装備あり珍装備あり「技術の日産」は名ばかりではない!!「世界初」今昔物語

 昨年12月にデビューした新型「ノート」が発売1カ月で月間販売目標の2.5倍となる2万台を突破し、2021年6月に発表した「アリア」も国内予約注文が10日間で約4000台と“NISSAN NEXT”の象徴である2台のセールスが好調な日産。そんな同社の強みといえば?

文/FK 写真/日産

【画像ギャラリー】名装備あり珍装備あり「技術の日産」は名ばかりではない!!「世界初」今昔物語


「ぶっちぎれ、技術の日産」のテレビCMはダテじゃない!?

 数年前、矢沢永吉が出演したテレビCMで話題となった「ぶっちぎれ、技術の日産」。そう、日産の強みといえば“技術”であることにほかならない。

 近年で世間を騒がせた日産の技術といえば、2019年9月に発売された「スカイライン」に搭載されたプロパイロット 2.0。これは高速道路のナビ連動ルート、走行と同一車線でのハンズオフ機能、ルート走行中の車線変更と分岐・追い越し時の車線変更の支援機能など、日産の持つ最先端の技術を採用した世界初の先進運転支援技術だが、日産には他にも数多くの“世界初”の技術が存在する。

 ここでは誰もが知っているメジャーなものから、人知れず消えていったユニークなものまで“技術の日産”を象徴する世界初の数々を振り返ってみたい。

立ち直りの兆しを見せ始めた「技術の日産」にみる“世界初”今昔物語
ハンズオフドライブという、SF映画のようなドライブスタイルが現実のものとしたプロパイロット 2.0。軽自動車にまで搭載されるというのも驚き

あら不思議! 足先をかざせば開閉できる“ハンズフリーオートスライドドア”

 両手に荷物を持った状態や寝ている子どもを抱っこしている時などに、スライドドアの下で足先を抜き差しするだけでスライドドアを自動開閉できるハンズフリーオートスライドドアを2016年8月に発売した「セレナ」で世界初採用。

 インテリジェントキーを携帯した状態でスライドドアの下に足を入れてすぐに引くとブザー音が鳴り、ドアが開閉。逆に、インテリジェントキーを持っていない人、猫などの動物や草などには反応しないよう技術的な工夫が織り込まれているところも抜かりなく、さすがは日産といったところ!

立ち直りの兆しを見せ始めた「技術の日産」にみる“世界初”今昔物語
両手がふさがっていても、スライドドアを開閉できるというありそうでなかった機能、ハンズフリーオートスライドドア。日本車ならではの細やかな気遣いが感じられる!?

次ページは : プロドライバー顔負けの“シンクロレブコントロール付6速MT”