朗報!! 「プリウスミサイル」を防げ!! 純正「後付」踏み間違い防止装置発売

■3代目プリウス、アクア、2代目タントから設定

 トヨタとダイハツは、いま乗っているクルマに装着できる(「後付」の)踏み間違い防止装置を2018年12月5日より全国のトヨタ、ダイハツ各ディーラーで発売した。

 これ、事故防止という観点で、なにげに大変画期的で大きなニュースです。

老化により「ふくらはぎ」と「すね」、「足首周り」の筋力が低下し、「間違えた!」と思っても踏み変えが遅れたり中途半端なことで、停止するつもりがさらに加速させてしまうことにより起こる衝突事故が増えている(イラスト/Adobe stock)

 近年、コンビニの駐車場等で高齢者による「ペダル踏み間違い」が原因の事故が社会問題化している。特にプリウスでの(アクセルとブレーキの)踏み間違い事故が多く報道されており、コンビニに突っ込んだプリウスの写真や映像に対してネット上では「プリウスミサイル」という揶揄(警句?)が広がっていた。

前後バンパーにセンサーを設置し、アクセルを踏んでも加速しないよう燃料供給をカットする

 このシステムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、車内にブザー音で注意を喚起。

 それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献する。

 また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。

 少なくともこの装備の装着が進めば、ペダル踏み間違いによる衝突事故はかなり減少するはず。

 まずは「3代目プリウス(2009〜2015年)」と「現行アクア(2011年〜)」(各55,080円/取付工賃別)、それに「2代目タント(2007〜2013年)」(34,560円/取付工賃別)に設定され、今後順次、対象車種を広げていくとのこと。

 身近にご高齢のユーザーがいたら、ぜひ装着を薦めてほしい。

先代型にあたる2代目プリウスに設定。今後、設定可能な対象車種を増やしていくとのこと。目指せ全車装着

 トヨタとダイハツで価格が違うのは、トヨタ製とダイハツ製でセンサーや制御が違うから。なおダイハツの製品については「つくつく防止」という、わりと凝った装置名が付けられている。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ