簡易コーティングは驚くほど水をはじく撥水(はっすい)タイプか汚れが付きにくい疎水(そすい)タイプか? 

簡易コーティングは驚くほど水をはじく撥水(はっすい)タイプか汚れが付きにくい疎水(そすい)タイプか? 

 もう早いもので師走に入ってしまいますね。1年が早い。どうも、こんにちは、「やればできる中年オヤジのカーメンテ」担当の中年オヤジOでございます。新車ラッシュが続いたもので、ちょっとサボり気味でした、どうもすみません。

 この企画は、少々疲れ気味の中年オヤジが、時間をあまりかけず、疲れない、値段も高くない商品を使って、洗車やボディコーティング、メンテナンスを行っています。なにせ、週末は家族サービスもございますので、あまり時間はありません。とはいえ、本来は大のクルマ好きですから、パパッと洗車機入れて終わりというのは性分ではありません。

 ということで、今週からガンガン、簡易タイプのコーティング剤を自腹購入して、試していきたいと思います。人柱もぜんぜんオッケーですので、これ試してみてよ! という商品がありましたらリクエストをコメント欄にお寄せください。

 今回は、超人気商品のCCI製品の2つを試したのでさっそくいってみましょう!

文・写真/ベストカーWeb中年オヤジO

【画像ギャラリー】水滴が驚くほど落ちる撥水(はっすい)タイプか、汚れが付きにくい疎水(そすい)タイプどっちがいいのか? (7枚)画像ギャラリー

■気持ちいいと驚いていたのも束の間、悲劇に変わる!?

水滴が真ん丸となり、気持ちいいほど流れ落ちる撥水タイプのコーティング剤
水滴が真ん丸となり、気持ちいいほど流れ落ちる撥水タイプのコーティング剤

 みなさんは、どのコーティング剤を使っていますか? 大まかにわけると、コーティング剤は、硬化しないタイプのスプレータイプの簡易コーティング剤(ガラス系)と、A液、B液に分かれて硬化するガラスコーティング剤があります。もちろん、これ以外にも数えきれないほどの成分、商品が存在します。

 そして、水はじきにも大きくわけて3つあります。水滴がコロコロと転がり、「おお~、はじいている、はじいてる」と感じるのが撥水タイプ。逆に親水タイプは撥水タイプとは真逆で、コロコロと水滴が落ちていかず、まとまって落ちていきます。あれ、「俺今コーティングしたよな? いやしたっけか?」となりそうなのが親水タイプ。

 その中間が疎水タイプ。光沢もよく、親水タイプよりも洗車時の汚れ落ちがよく、雨が降ると汚れが流れ落ちやすくなるという特徴を持っています。

 厳密には、専門用語では、水滴と塗装面の接触角度というもので区別され、撥水タイプが100度以上、疎水タイプが40~90度、親水タイプが40度以下とされています。

 要は水滴の形がパンパンの真ん丸に近いのが撥水タイプ、やや半月に近い形状が疎水タイプ、親水タイプは半円をさらに上からつぶしたイメージでかろうじて円の形が残っているイメージ。つまり円に近いほど、塗装面を転がっていくといえばわかりやすいでしょうか。

 簡単にウンチクを書きましたが、もっと知りたい人は専用サイトに譲るとして、今回、撥水タイプ、疎水タイプのコーティング剤はどう違うのか試してみることにした。

 というのは、撥水タイプのガラス系コーティング剤は、洗車して施工し、水はじきをみると、驚くほど水をはじいて、その気持ちよさが半端じゃないほどだったのだが、施工後雨が降ったり、晴れたりと3週間ほど経ち、何気なく塗装面を見ていると、少しウオータースポット(雨ジミ)ができた箇所があったからだ。

 う~ん、気持ちいいけど、デメリットもあるんだなあと。一方、親水タイプ、疎水タイプは、施工時の水はじきには感動しないものの、シミはできにくい特性を持っている。

 ということで、またまた近所のカー用品店に行ってきました。売れ筋商品を見ていくと、目立つところに置いてあるのは各社ともに、看板商品(?)は撥水タイプ。親水タイプ、疎水タイプは日陰の商品かと思うほど、目立つところに置いていなかった。

 そんななか、CCIから発売されている撥水コーティング剤「スマートミスト・ハイパードロップ」の横に、同社製品の「スマートミストネオ疎水タイプ」を発見。さっそく、この両製品を試してみることにした。

次ページは : ■水滴が弾け飛ぶ! 驚撥水 スマートミスト史上最驚のプレミアムコーティング!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します