これは画期的! ソフト99が月額1089円で洗車用品のサブスクサービス「サブス99 LIMITED」お試しサービス開始【やればできる中年オヤジのカーメンテ】

これは画期的! ソフト99が月額1089円で洗車用品のサブスクサービス「サブス99 LIMITED」お試しサービス開始【やればできる中年オヤジのカーメンテ】

 洗車用品やコーティング用品でお馴じみのソフト99コーポレーションが、なんと洗車用品のサブスクリプションのお試しサービスを始めるという。

 はたして、ソフト99が始めるサブスクのお試しサービスとは?

文/ベストカーWeb編集部
写真/ソフト99コーポレーション

【画像ギャラリー】年末クルマの大掃除、冬を乗り切るためのカー用品を写真で見る(9枚)画像ギャラリー

■使いたいときにスピーディに届く、ありそうでなかった洗車用品のサブスク

毎月定額で最大8回分(自動発送1回+オーダー発送、最大7回)のフクピカ洗車セットを使いたいタイミングでオーダーできる洗車用品サブスクサービス
毎月定額で最大8回分(自動発送1回+オーダー発送、最大7回)のフクピカ洗車セットを使いたいタイミングでオーダーできる洗車用品サブスクサービス

 みなさんはサブスクリプションサービス(サブスク)を利用したことがありますか? サブスクは商品を買う、所有する、維持管理する必要もなく一定期間利用した分の料金を支払うサービス。担当は「最近新車のサブスクが増えてきたなあ」という認識しかありませんが、音楽や動画配信、白物家電など定着してきているようですね。

 そんなサブスクですが、ソフト99コーポレーションが洗車用品のサブスクを始めると発表しました。洗車用品のサブスクなんて今まで聞いたことないですよね。どんな内容なのでしょうか?

 ソフト99コーポレーションが始めるサブスクは、月額1089円で「フクピカ洗車セット」を毎月定額、スマホで使いたいタイミングで最大8回分オーダーできる、洗車用品のサブスクサービスで、その名も「サブス99 LIMITED(サブスキューキューリミテッド)」。2023年1月1日よりサービスを開始する。

 今回、サブスクサービス本格開始に向けて、2022年12月6日から12月18日23時59分まで、期間限定会員を99名限定で募集する。ただし、応募者が99名を超えた場合は抽選となる。

 会員になると毎月、月初めにフクピカ洗車セットが1セットが自動で配送され、2回目以降はスマホで必要な時にオーダーすればスピーディに届き、1ヵ月で最大7回まで注文可能。

 フクピカ洗車用品セットは、ボディ用として、「フクピカGEN5」、ガラスには「窓フクピカ」、ホイールには「フクピカ ホイール専用拭くだけシート」と、人気の水なし洗車ブランド「フクピカ」シリーズ商品3種が各4枚入ったクルマ1台まるごとキレイにできる1回使い切りの洗車用品セットとなっている。詳細は以下の通り。

1. 月額990円(税込1089円)、期間限定でサービスを試せます
 「サブス99 LIMITED」は毎月定額で最大8回まで洗車用品のセットが届く、ソフト99コーポレーション初の洗車用品サブスクです。今回は、本格サービス開始に向けてのお試しサービスとなり、会員数限定※、期間限定となります。
※募集会員数は99名限定、応募者多数の場合は抽選となります。

2. 6ヵ月間、1ヵ月最大8回までお届けします
 毎月、月初に1セットが自動で配送されます。2回目以降は、1ヵ月最大7回までご注文いただくことができ、1ヵ月最大8回まで洗車セットをお届けさせていただきます。
※毎日16時までにご注文いただくと翌営業日に発送いたします。ただし、土日祝日のオーダーは翌々営業日の発送となります。
※1回ご注文いただくと、4日後から再注文が可能となります。

3. 水なし拭くだけ、車まるごと洗車セットが届きます
 ボディ、ガラス、ホイールと車1台分をまるごとキレイにできる1回使い切りの洗車用品をセットにしてお届けします。パッケージも「サブス99 LIMITED」専用のコンパクトなサイズ。使いたい時に使い切ることができますので、余分な洗車用品を保管する必要がありません。また、洗車セットは水なし洗車ブランドの「フクピカ」シリーズですので、水道や洗車場所がなくてもスピーディなお手入れができます。

次ページは : ■「サブス99 LIMITED」のセット内容(1回お届け分)は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します