クルマの「年末大掃除祭 後編」外も中も短時間でまるごと1台キレイさっぱり!【やればできる中年オヤジのカーメンテ】

クルマの「年末大掃除祭 後編」外も中も短時間でまるごと1台キレイさっぱり!【やればできる中年オヤジのカーメンテ】

 まもなく年越しですね。みなさん、クルマの大掃除しなきゃですね。担当の中年オヤジOは、仕事納めを前に、自分の愛車を大掃除していたのですが(前編参照)、普段あまり顔を合わせない上司から「社有車もキレイにせい!」と指令を受けたのでありました。

 ということで、今回は10年分の汚れや臭いがこびりついた我が愛車の本革シートのクリーニングを施し、社有車の手垢でベタベタなディスプレイのコーティングと、さらにさらに内外装、まるまる1台分を大掃除(あまり手間かけずに)をしました!

文・写真/ベストカーWeb編集部・中年オヤジO

■しかしまあ、キレイになるもんだこと

リンレイの「車内の靴キズ復元コート」でキレイになった運転席裏側の樹脂部分
リンレイの「車内の靴キズ復元コート」でキレイになった運転席裏側の樹脂部分

 前回のクルマの「年末大掃除祭 前編」では、クレポリメイトで社内の樹脂部分をキレイにし、車内の靴キズ復元コートを施工し、傷が付いた部分を復元させました。

 しかし、ドアを開けてこちらをまじまじと見ている嫁から「家の大掃除あるんだから体力消耗させないでよ。またギックリ腰になって掃除できないなんて許さないからね」と、ハイハイとつれない返事をするしかありませんでした、トホホ。

プロスタッフの「グラシアス ゴールドレザープロテクター(2580円)」
プロスタッフの「グラシアス ゴールドレザープロテクター(2580円)」

 気を取り直して、今回やる愛車大掃除の残りは、かねてから懸案だった「本革シート」の汚れ落としです。

 愛車のシートはブラウンの本革シートなのですが、10年落ちなので、座面、背もたれの外側、ドア内張り、左肘を置くコンソールボックスなど、写真ではわかりにくいかもしれませんが、黒ずんでおり、どげんかせんといかん、状態でした。

 ナビ画面もタッチパネル式ではありませんが、指紋や手垢がついており、拭くだけではなかなか落ちず、なにかいいものはないかなーと思っていたら、ディスプレイのコーティング剤を見つけたので施工することにしました。

 またまた近所のカー用品店に行って物色していると、2つの本革シート用クリーナー&艶出し剤が売っていたので即購入。そのほか、まるまる一台分簡単にキレイにできるものを買い込みました。

運転席右側は一番衣服と擦れるので黒ずんでいる
運転席右側は一番衣服と擦れるので黒ずんでいる

 さて、懸案の本革シートの汚れ落としです。1つ目の商品は、パッケージがゴールドで光輝いていたプロスタッフの「グラシアス ゴールドレザープロテクター(2580円)」。色褪せ、白ボケた革に最高級カルバロウ+モイストローションの艶出し成分を配合し、”見違える極艶仕様”だそうです。

どうですか、見事に落ちた
どうですか、見事に落ちた

 さっそく、運転席背もたれ右側と、座面右側の黒ずみ汚れに、白い液を垂らして、マイクロファイバークロスで拭き上げていきました。軽く拭き上げていくだけで「マジか、なにこれ、落ちる! 落ちる!」。

 おっと、施工する前(購入する前)に、商品の説明書きをここに書いておきましょう。合成皮革にも使用できますが、起毛皮革やヌメ革、水の染み込む皮革、特殊加工された皮革、ひび割れ、剥がれなどの劣化した皮革、水拭きで色落ちする革など使用せきない箇所、材質があり、一部の輸入車も使用できない場合があるとのことで、注意が必要。繰り返しますが、使用する際には、説明書をよく読んで、自己責任で施工しましょう。

 念のため、今回も必ず目立たない箇所で試してから使用し、問題がないことを確認して使用した。

 疑心暗鬼な中年オヤジOは、もう1つ、CARALL(晴香堂)の「レザーケアクリーナー(2198円)」も購入。こちらは説明書の通り、専用のパフで液を適量染み込ませて塗り伸ばすようにしてやさしくこすり、その後、水で濡らし固く絞ったタオルで拭き上げていった。こちらもしっかり注意書きをよく読んで使いたい。

 使えないところは、プロスタッフの製品とほぼ共通で、さらに前述した内容に加えて、アニリン、セミアニリン染め、艶消しタイプ、染め直した皮革などは厳禁とのこと。

 最後に「輸入車はカーディーラーにご確認のうえ、ご使用ください」という注意書きがあるので、こちらも自己責任で、目立たない場所で試してから使用した。

 個人的にはコノリーレザーやイタリア車の本革、1000万円を超える、アニリン加工、セミアニリン加工が施された色落ちしそうな、革のいい匂いがする高級車のシートはやめたほうが無難、と思う。

 ということで注意書きを長々と書いたが、これはマジでやった価値があるものだった。

特に夏場は半袖になるので肘を置くセンターコンソールボックスの上は汚れがひどい
特に夏場は半袖になるので肘を置くセンターコンソールボックスの上は汚れがひどい

 プロスタッフの製品を運転席の背もたれと座面の右側、CARALLの製品をセンターコンソールやドア内張りに施工したのだが、いずれもあまり力を入れずに拭き上げていったのだが、見事、黒ずんでいた部分が元のブラウンに戻った。

 ただ、変色するほど革本来の色が落ちている場合には厳しいと思うので、そうなってしまった場合は、プロに頼んだほうがいいだろう。

右側の角の部分の汚れが特に落ちている。もっと根気よくやればキレイになるだろう
右側の角の部分の汚れが特に落ちている。もっと根気よくやればキレイになるだろう

 前回使ったクレポリメイトは滑るところ、ステアリングやシフトノブは施工厳禁だったが、この2商品ともに施工OK! 

 ステアリングにはCARALLの製品をパフで拭き上げて、その後、水で濡らしたクロスで拭き上げていき、しっかりと乾燥させてから運転したが、おっと滑った、なんてこともなく、べたつかずテカらず、くさい臭いもせず、万事満足満足!

CARALL(晴香堂)の「レザーケアクリーナー(2198円)」。ステアリングやシフトノブにも施工OK。合成皮革も可
CARALL(晴香堂)の「レザーケアクリーナー(2198円)」。ステアリングやシフトノブにも施工OK。合成皮革も可

 艶もバッチリで、プロスタッフの製品は、カルナバロウ、CARALLはホホバオイルを配合。しかし、こんなに汚れが落ちるなら、早くやっておけばよかった。これがいつまで持つのか、汚れがつきにくくなるのか、時間が経たないとわからないが、とりあえずキレイになったのでよしとしよう。

いやあ、新車とはいえないまでも見違えるほどキレイになりました。心も(無理)体も(もっと無理)キレイさっぱり!
いやあ、新車とはいえないまでも見違えるほどキレイになりました。心も(無理)体も(もっと無理)キレイさっぱり!

次ページは : ■布シートクリーナーもあるでよ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します