どこが安い? 何が違う?? 意外と知らないタイヤ購入と交換費用の実態

 最も身近な車の消耗品の1つが「タイヤ」である。しかし、いざタイヤを交換しようと思っても「どんなタイヤを買えばいいのかわからない」、「どこで交換すべき?」と疑問に持つユーザーも少なくないだろう。

 ひと口にタイヤ交換といっても、新車ディーラーからタイヤ専門店、カー用品店などタイヤの購入先はさまざま。最近ではネット通販でもタイヤ購入ができるようになり、その選択肢はますます多様化している。

 そこで、本稿ではタイヤを購入する場所によってどのくらい費用が違うのかを独自調査に基づきシミュレート。実はその価格は大きく異なり、買い方によってそれぞれ価格以外のメリット・デメリットもある。

文:永田恵一
写真:Adobe Stock、編集部


カー用品店は種類豊富! タイヤ専門店は作業レベルも高い

タイヤメーカーごとにある専門店。専門店だけに作業レベルには定評がある。一方で価格は若干高め? (※写真はイメージ)

 今回は、人気が高い車種に使われている一般的なタイヤサイズでシミュレーションを敢行。タイヤの銘柄は「ブリヂストン」のスタンダードなエコタイヤ「エコピアNH100」、サイズはトヨタ プリウスを始め、ヴォクシー/ノアや日産 セレナなどの売れ筋ミニバン、さらに現行車でない大衆車にも多い195/65 R15(タイヤ幅/扁平率 インチ)とした。

 工賃はタイヤの脱着、組み替え、ホイールバランス調整、地味なパーツながら強大な力が掛かっており定期的に交換したいエアバルブ交換、廃タイヤの処分代が含まれている。

【ケース1】カー用品店

 タイヤ交換を考える際に多くの人がはじめに考えるのは、「オートバックス」や「イエローハット」などのカー用品店かもしれない。大手カー用品店の交換費用の一例は以下のとおり。

・タイヤ代/1万7000円(1本)
・工賃/1600円(1本)

※4本交換で合計7万4400円

●メリット

・タイヤを豊富に在庫しているので、車種や使い方、予算に合ったものを選びやすい
・どれを買ったら良いか分からなくても、スタッフに相談に乗ってもらえる

▲デメリット

 大きなデメリットは価格を各々がどう考えるか以外見当たらない。

【ケース2】タイヤメーカー系の専門店

 ブリヂストンであれば「タイヤ館」や「ミスタータイヤマン」といった、基本的にそのメーカーのみを扱う専門店。某ブリヂストン系専門店での交換費用は以下のとおりだ。

・タイヤ代/1万8500円
・工賃/2000円

※4本交換で合計8万2000円

●メリット

・専門店だけに作業レベルは高い
・商品知識も豊富なので、車種や使い方に合ったタイヤを選びやすい
・「前後ローテーション」や「パンク修理」などが無料、サービス価格ということも
・ショップの性格によってはタイヤ以外のチューニングパーツを扱っていたり、サーキット走行会などのイベントを行っていることもあり、タイヤ交換をきっかけとした自動車趣味が広がるケースもある

▲デメリット

・基本的にそのメーカーのタイヤからしか選べない
・専門店だけに価格は高い傾向

銘柄は限られるがディーラーやスタンドは融通が利く!?

一般的なガソリンスタンドではタイヤ交換も可能。取り扱っているタイヤの種類は限られるものの、馴染みのスタンドなら何かと融通が利く場合も多い

【ケース3】新車ディーラー

 ディーラーのショールームを覗くと、タイヤが並んでいることをよく見ることからも分かるように、タイヤ交換が可能なディーラーも多い。ディーラー自体でタイヤの組み替えやバランス取りを行うケースは少なく、タイヤ屋さんが出張で行う場合が多いので作業レベルも問題ない。

「ディーラーでのタイヤ交換は高い」というイメージもあるかもしれないが、案外そうでもないこともある。

・タイヤ代/1万6000円
・工賃/2500円

※4本交換で合計7万4000円

●メリット

・一般的なその車種の使い方に合ったものを選んでもらえる
・車検やほかの整備と一緒に頼める

▲デメリット

・扱っているブランドや銘柄は少ないことが多い
・タイヤ屋さんが来る都合もあり、フラリとよってすぐに交換できる可能性は低い

【ケース4】ガソリンスタンド

 ガソリンスタンドの店内ポップや店外を見ても分かるように、タイヤ交換をしてくれるガソリンスタンドも多々ある。価格は高い傾向だが、キャンペーンなどに当たると意外に安いケースもある。

・タイヤ代/1万8000円
・工賃/3000円

※4本交換で合計8万4000円

●メリット

・馴染みのガソリンスタンドなら何かと融通が利くこともある

▲デメリット

・扱っているブランドや銘柄は限られることが多い
・そのガソリンスタンドのタイヤ交換をする頻度によっては作業レベルが低いこともある

圧倒的な安さ!! ネット通販にネックはある?

【ケース5】通販購入&タイヤ持ち込みで交換

 どの商品でもそうなのだろうが、在庫管理や店舗がないといった流通コストが低い通販だとやはりタイヤも安い。しかし通販でタイヤを買っても、着けてもらうところを見つける手間があるほか、持込みの場合、工賃が高いこともある。

 だが、最近は逆転の発想で持込みタイヤを歓迎するお店も多くなっており、インターネットで「タイヤ 持込み交換+自分の地域」と検索すると意外にすぐに見つかる。また、工賃が安いことも多い。

 さらにそういったお店だと送付先を直接店舗にすることも可能で、タイヤが届く日程と合わせて予約をすれば、タイヤを運ぶ手間なく一時的な置き場も不要。愛車を持ち込めば交換してもらえるのも嬉しい。

・タイヤ代/1万2000円(送料込)
・工賃/1600円

4本交換で合計5万4400円

※お店によっては、工賃は平日来店割引やインターネットからの予約によりさらに安くなることもある。

●メリット

・圧倒的な安さ
・数多くこなしているだけに作業レベルは高い

▲デメリット

・タイヤを選ぶ際の情報はないので、メディアや口コミなどからの情報収集が必要

【まとめ】最大価格差は約3万円!! ただし価格以外も重要

タイヤは命を乗せて走るもの。同じモノなら安いに越したことはないが、価格以外のメリット・デメリットも多数存在するため、自分に合った買い方を

 結果は、最安の「通販購入&タイヤ持ち込みで交換」が合計5万4400円、逆に最も高いのは「ガソリンスタンド」で計8万4000円となった。このように同じ銘柄のタイヤでも、交換する場所によっては約3万円もの差があるのには驚く。サイズが大きいタイヤなら価格差はもっと広がるだろう。

 どこで交換するのが良いかはメリット・デメリット双方あるため一概には言えないが、いずれにしても車の性格や使い方に合ったタイヤを自分に合ったところで交換するといいだろう。

 また、タイヤは車そのものと同様に命を乗せている重要なパーツだけに、普段から空気圧やサイドウォールのキズ、残り溝などのチェックも小マメに行ってほしい。

※本稿に記載の価格は独自調査による税込価格の概算です。時期などによって変動する場合がありますのでご了承ください。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ