勝手に「リッター100ps」認定!? 高性能エンジン搭載“ほぼリッター100ps車”5選

勝手に「リッター100ps」認定!? 高性能エンジン搭載“ほぼリッター100ps車”5選

 いつの時代も高性能エンジンの指標であり続けている「リッター100ps」というキーワード。近年のリッター100psエンジンはターボやハイブリッド技術の普及に伴い、同じ100psでも旧来のエンジンよりトルクフルになっているのが特徴です。

 そのようなリッター100psカーをネットであれこれ検索していると、意外と多いのがリッター100psにわずかに満たない、“ほぼリッター100ps車”。スポーツカーはもちろん、コンパクトカーにも存在しており、比較的安価で購入することができます。今回はそんな“ほぼリッター100ps車”をピックアップしてみます。

文/ABT werke、写真/トヨタ、日産、マツダ

【画像ギャラリー】走りが違うから満足度バリ高! “ほぼリッター100ps車”の国産車(5枚)画像ギャラリー

+400ccでトルクを増強しパワフルになったGR86とBRZ

GR86とBRZのエンジンはピストンのボアを従来の86mmから94mmに拡大し排気量を向上しました
GR86とBRZのエンジンはピストンのボアを従来の86mmから94mmに拡大し排気量を向上しました

 初代の86/BRZは2リッターのNAながら207ps(後期型)を達成したリッター100ps車。2代目となるGR86とBRZは400ccアップとなり、2.4リッターで235psというスペックを手に入れました。

 リッター100psにはあと5ps足りないものの、自然吸気でこのパワーは立派。トルクが大幅に太くなった分、低速コーナーからの立ち上がりも鋭くなり、より楽しいクルマに生まれ変わりました。

最新テクノロジーの合わせ技でパワーを発揮するマツダ3

薄い混合気を15:1という比率で高圧縮し、爆発させることで高いパワーとトルク、高燃費を実現したSKYACTIV-X
薄い混合気を15:1という比率で高圧縮し、爆発させることで高いパワーとトルク、高燃費を実現したSKYACTIV-X

 「SKYACTIV-X」(現e-SKYACTIV-X)はディーゼルエンジンの圧縮着火を応用したガソリンエンジン。世界初の「火花点火制御圧縮着火」を採用しています。2019年12月に発売されたマツダ3に初めて搭載され、実用化。SKYACTIV-Xは2021年に小改良が加えられ、エンジン出力が180psから190psに向上しました。

 マイルドハイブリッドを採用しており、モーター出力(6.5ps)との合計は196.5ps。ディーゼルに次ぐトルクを持ち合わせているのも特徴で、6速MTを選ぶこともできます。

116psのモーターを積む1.2リッターのノート

 エンジンを発電専用とし、その電力で電気モーターおよびタイヤを駆動するパワートレイン「e-POWER」採用したノート。2020年11月にフルモデルチェンジした現行型は、2021-2022年度カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したほか、2022年の累計販売台数も4万5000台(ベストカー本誌2022年10月26日号発表値参考)をカウントし、人気を集めています。

 そんなノートの電気モーターの出力は116ps。1.2リッターのエンジンの出力自体は82psですが、エンジンは発電専用です。電気モーターは、踏んだ瞬間から最大トルクが発生してガツンと加速します。体感パワーはリッター100ps以上。独特のワンペダル運転も話題です。

次ページは : 1リッターの直3ターボで98psを発揮するライズとロッキー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サクラより先に満開!! 感動の「日本車ALLアルバム」大特集!! ベストカー4月10日号

「どのクルマにしようかな~?」とお悩みのアナタ。ずばり、発売中の「ベストカー」4月10日号はお役立ちになることウケアイです。今売っている日本車のことがすべて掲載の「日本車ALLアルバム」大特集があるからです! 2023年9月登場のプリウスクロスオーバーの情報も!

カタログ