【SUPER GT】最終戦目前!! SUPER GTを10倍楽しむ3大ポイント


 世界のツーリングカーレースのなかで最も速いマシンが競うSUPER GT。

 ゴールデンウィーク開催の富士戦では、9万人超の観客を飲み込むほど、その人気ぶりは過熱している。そんなSUPER GTは、10月8日決勝のタイ戦を終え、いよいよツインリンクもてぎでの2連戦を残すのみとなった。

 いま日本で最もアツいレース、SUPER GTの終盤戦の見所をチェックし、白熱のチャンピオン争いを楽しもう!!

 文:WEBベストカー編集部/写真:NISMO、TOYOTA、HONDA、GTA


その一、接戦を生み出すトリック

 SUPER GTには日産GT-R、レクサスRC F、ホンダNSXがメーカーの威信をかけて鎬を削るGT500クラス。

 そして、BMWやフェラーリ、ランボルギーニなどの欧州勢と国産勢合わせ、約15車種もの多彩なマシンが競い合うGT300クラスの2つがある。その両クラスともに採用されているのが「ウェイトハンディ制度」だ。

 これは獲得ポイントに応じて、“重り”を各チームのマシンに搭載するもの。それゆえ例え優勝しても、次戦では重いウェイトハンディを背負わされるので、連続での上位でのフィニッシュは難しく、また各マシンの勢力が拮抗し、醍醐味でもある接戦バトルを生みだすことにも繋がっている。

  • ■ウェイトハンディの仕組み
  • ・Rd.1、Rd.ファイナル ウェイトハンディなし
  • ・Rd.2〜Rd.7    1ポイント=2㎏のウェイトを搭載
  • ・Rd.セミファイナル  1ポイント=1㎏のウェイトを搭載
このように各マシンには現在何㎏のウェイトを積んでいるのかわかるように、ステッカーが貼られている
このように各マシンには現在何㎏のウェイトを積んでいるのかわかるように、ステッカーが貼られている

 さて、上がそのウェイトハンディ制度の仕組みだが、ここまで第2戦〜第7戦のタイ戦までは、獲得ポイント×2㎏のウェイトハンディがレースごとに課されていた。

 しかし、最終戦も含め2レースが行われる今度のもてぎ戦では、まず土曜日のレースが、1ポイント×1㎏で通常の半分、日曜日の最終戦はウェイトハンディなし、マシン性能がそのまま反映されるガチのレースが見られることになる。

 現在GT500でランキング首位のNISMO(松田次生/R.クインタレッリ)は、56点。即ち56㎏ぶんのウェイトを背負ってもてぎでの第1レースにのぞむ。

 これだけのウェイトはマシンの速さに大きな影響を及ぼすが、最終戦はこの56㎏が完全に取っ払われる。それだけに土曜と日曜の最終戦では勢力図がガラリと変わるので、ここにも注目だ!

その二、GT500はタイヤが鍵を握る!!

 現在、レース界ではF1を筆頭にほとんどのカテゴリーが、タイヤは1社が独占的に供給を行うワンメイクとなっている。

 そんななかGT500は、ミシュラン、ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップと4社ものタイヤメーカーが参入し、それぞれの異なる性能や特性がレースを左右する要素のひとつになっている。

 過去2年連続チャンピオンのNISMOも履くミシュランタイヤが総合力で最も優れるという評価が定着していたが、第4戦SUGOと直近の第7戦タイでは、ヨコハマユーザーのフォーラムエンジニアリングGT-RとウェッズスポーツRC Fが優勝。

 また、第5戦富士と第6戦鈴鹿では、カルソニックGT-RとZENT RC Fが優勝を飾るなど、ミシュラン勢以外も強さを発揮した。もてぎではどのタイヤと、どのマシンの組み合わせが強さを発揮するのか? 

 このタイヤ戦争こそが、勝負の行方を左右する重要なピースと言っても過言ではない。

次ページは : ■GT500装着タイヤの状況

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ