ホンダ スーパーGT体制を東京オートサロン2017で発表!! 勝つための大変革


 昨年は未勝利とスーパーGTで苦しいシーズンを送ったホンダが、巻き返しを図る2017年の参戦体制を東京オートサロンで発表。

 マシン、ドライバー、技術陣ともに昨年とは違う勝つための体制で王者レクサス、そして日産に挑む!!

 文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト、編集部


新たに3チームの体制を発表し、すべての体制が判明

 体制発表会は冒頭、山本雅史モータースポーツ部長の、この言葉から始まった。

 「昨シーズンはホンダとしてスーパーGT“ゼロ勝”という非常に悔しいシーズンとなりました」

 ホンダはスーパーGTで、2015年第6戦SUGO以降未勝利が続き、シリーズチャンピオンも2010年を最後に獲得できずにいる。

 雪辱を期すホンダは昨年末、全5チームのうち新規参戦チームとなる「チーム・無限」と「NAKAJIMA RACING」の体制のみ先行発表。

 そして今回、東京オートサロンで残り3チームの陣容も発表し、ホンダ系5チームすべての体制が判明した。

復活の無限にヨコハマタイヤが供給、小林がGT500初参戦

 「今シーズンは、新型NSXをベースとしたNSX-GTを投入し、さらに新たなチームとタイヤメーカーを仲間に加えて巻き返しを図ります」

 山本氏がこうコメントするように、今シーズン体制のトピックは昨シーズンとは異なるマシン、チーム構成、そしてタイヤだ。

 マシンは、2L直4ターボエンジンを積むミドシップという基本は同じながら、今季の規定に合わせて開発・改良を行った新車、NSX-GTを投入。

 チーム構成では、かつてのチャンピオンチームでもある「チーム・無限」を復活させ、ドライバー陣もシャッフルしてきた。

 今回、新たに発表された3チームの体制のなかでは、小林崇志がオートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)に加入することもトピックのひとつ。

 小林は昨シーズンまでGT300に参戦。第4戦富士で優勝を挙げ、今シーズンは自身初のGT500参戦となる。

オートバックス・レーシング・チーム・アグリ陣営。左から野尻、監督の鈴木亜久里、そしてGT300から抜擢の小林

 そして、「タイヤ」では新たにヨコハマタイヤを迎え入れる。昨季までホンダ系の5チームは、4チームがブリヂストンタイヤを、1チームがダンロップタイヤを履いていた。

 それが今季は3チームがブリヂストン、1チームがダンロップ、そして1チームがヨコハマタイヤという内訳となる。

 ヨコハマタイヤは昨季のスーパーGTで8戦中3勝を挙げているだけに、ヨコハマを履くチーム・無限の成績にも注目が集まる。

ホンダ SUPER GT参戦体制(2017)

次ページは : 浮沈の鍵を握る技術スタッフの一新も発表

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ