【スーパーGT】日産 王座奪回に向けドライバー刷新の新体制を発表

【スーパーGT】日産 王座奪回に向けドライバー刷新の新体制を発表

スーパーGTで昨年は惜しくも3連覇を逃した日産が、今季の体制を発表。また、GT-R NISMO GT3マシンに関する“新計画”も明らかになった。

スーパーGT、GT500ではドライバー・マシンともに新布陣で、日産はタイトル奪還に挑む。

文:WEBベストカー編集部/写真:WEBベストカー編集部



ドライバー・マシンともに一新し、王座奪回へ


2月19日、日産グローバル本社(横浜)で行われた発表会は、NISMOの社長を務める片桐隆夫氏のこの言葉から始まった。

「スーパーGTでは、昨年あと一歩のところで3連覇を逃し、大変悔しい思いをしました」

スーパーGTでは昨年、日産のNISMOチームが史上初のシリーズ3連覇を目指し、最終戦までタイトル争いを展開したが、レクサスのチーム・サードがチャンピオンに輝いた。

「なんとしてもシリーズチャンピオンを奪還するという固い決意で、クルマ、組織、体制といったあらゆるものを見直し、これまで以上の準備を行っています」

片桐社長が、こう語るように、今年のスーパーGT体制のポイントはドライバーとニューマシンだ。

マーデンボローがGT500初昇格


ドライバーに関するトピックは、昨年スーパーGT GT300でシリーズ4位、全日本F3で同2位を獲得したヤン・マーデンボローのGT500初昇格。

マーデンボローは、グランツーリスモのGTアカデミー卒業生で、イギリス出身の25歳だ。

昨季までチーム・インパルは、安田裕信とブラジル人のJ-P.デ.オリベイラで戦ったが、オリベイラに替えてマーデンボローが加入することとなった。


今年、チーム・インパルから初のGT500参戦となるマーデンボロー。グランツーリスモのドライバープログラムから現実のレース界にデビューした異色の経歴を持つ

また、KONDO RACINGは柳田真孝と佐々木大樹のコンビに替え、昨季インパルで戦ったオリベイラが加入。オリベイラと佐々木のドライバー陣で新シーズンを戦う。

NISMOは“最強コンビ”の松田次生/ロニー・クインタレッリで変わらず、MOLAもベテランの本山哲と、GT500で2年目を迎える千代勝正のコンビは昨年同様だ。



次ページ:GT500の新型GT-Rは2〜3秒速い!?


GT500の新型GT-Rは2〜3秒速い!?


ドライバーだけでなく、マシンも今シーズンの変更ポイントのひとつ。

今シーズンは、レギュレーションの変更に伴って、各メーカーがニューマシンを投入。日産も2017年型GT-R NISMOをベースとしたニューマシンで挑む。

今季は、クルマを路面に押さえつける力=ダウンフォースが25%削減され、年間で使用可能なエンジン数も3機から2機へと減る。

NISMOのエース・松田次生選手も「見た感じは(昨年との違いが)わからないけれど、例えば前のディフューザーが少し削られたりしていて、初めて鈴鹿で乗った時は130Rで青ざめた」というほど、昨年型マシンと比べて、クルマの動きに違いがあったようだ。


「規則が変わり、他メーカーも力を入れてくるので、チャンピオンを獲るための“プロセス”が大事になってくる」と語った松田次生

しかし、NISMOチーム監督の鈴木豊氏が「セパンサーキットのテスト(マレーシア)では、昨年より2〜3秒速いラップタイムで走っています」と語るように、新型GT-Rはダウンフォース削減に対応。

さまざまな開発が行われた結果、昨季型と同等以上の速さを身につけている。


こちらは今季を戦うモチュールオーテック GT-R。ダウンフォース削減にも関わらずテストでは、昨年より速いタイムをマーク。チャンピオン奪回はなるか!?

GT-R NISMO GT3を使ったカテゴリーにも動き


いっぽうGT300クラスには昨季同様、若手ドライバー育成に主眼を置くNDDP RACINGが参戦。マーデンボローのGT500昇格に伴い、高星明誠がドライバーに抜擢された。

高星は、指導役のベテラン・星野一樹とともにGT300を戦うほか、全日本F3選手権にも参戦。こちらは、GT500ドライバーの本山哲が高星のアドバイザーとしてチームに加わる。

そして、GT300と同じく「GT-R NISMO GT3」で参戦する欧州ブランパン耐久シリーズには、千代勝正、アレックス・バンコムに、GTアカデミー勝者のルーカス・オルドネスを加えた3人を、プロクラスにエントリーすることも発表された。


千代勝正はGT500のほか、欧州で行われるブランパン耐久シリーズにもドライバーとして参戦する

スーパーGTのGT300にも、欧州各国のGT3マシンがエントリーするなど、近年盛り上がりをみせているGT3マシンだが、発表会では2018年に向けて、GT-R NISMO GT3“エボリューション車”を開発することも明らかにされた。

このGT-R NISMO GT3“エボ”は、柳田真孝とミハエル・クルムが開発を行う。


GT300クラスを戦うGT-R NISMO GT3。欧州ブランパン耐久シリーズも含めた今季の活躍はもちろん、2018年のGT-R NISMO GT3“エボ”にも注目が集まる

ドライバー・マシンを一新するスーパーGT GT500、そしてGT-R NISMO GT3を使ったカテゴリーで、日産は今年どんなシーズンをみせてくれるのか?

スーパーGT第1戦は岡山国際サーキットで4月9日に、ブランパン耐久シリーズ初戦はフランス・ポールリカールサーキットで3月14日に、それぞれ決勝を迎える。

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ